豊田達郎氏

写真拡大

トヨタ自動車顧問で元代表取締役社長の豊田達郎氏が12月30日に、肺炎のため亡くなった。享年88歳。トヨタ自動車が6日、発表した。

通夜と葬儀は近親者で内々に執り行なった。トヨタ自動車では後日「お別れの会」を開催する予定だ。日時・場所は未定。

豊田達郎(とよだ・たつろう)氏は1929年(昭和4年)6月1日生まれ。1953年(昭和28年)3月に東京大学工学部機械工学科を卒業し、4月にトヨタ自動車販売に入社する。

1974年(昭和49年)11月にトヨタ自動車販売の取締役に就任、1980年(昭和55年)9月にトヨタ自動車工業の取締役に就任。1982年(昭和57年)7月にトヨタ自動車が発足すると、9月に同社の常務取締役に就任した。1984年(昭和59年)2月にトヨタとGMの折半出資により、ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング(NUMMI)が設立され、取締役社長に就任した。

1992年(平成4年)9月にトヨタ自動車の取締役社長に就任、1995年(平成7年)8月まで同職を務めた。 《レスポンス 高木啓》