5日、環球網は記事「中国にまたも“神サービス”が出現、驚く韓国人」を掲載した。中国に新たなサービスが登場した。それは「代飲み」。宴会で自分の代わりに酒を飲んでくれる人を紹介するウェブサービスだ。資料写真。

写真拡大

2018年1月5日、環球網は記事「中国にまたも“神サービス”が出現、驚く韓国人」を掲載した。

シェアサイクルやモバイル決済などの新サービスで世界をリードする中国に、新たなサービスが登場した。それは「代飲み」。宴会で自分の代わりに酒を飲んでくれる人を紹介するウェブサービスだ。中国ビジネスには宴会と乾杯は付き物だが、酒量が少ない人にとっては苦痛でしかない。そこで自分の代わりに豪快に乾杯してくれる人を派遣してくれるというわけだ。

実際に北京でアプリを使ってみた。スマホに地図が表示され、付近にいる「代飲み人」が表示される。個人情報を見ると、「五輪金メダル級の酒量。パイチューなら2本、ビールなら1ケース」などのアピールが書かれている。この「代飲み」サービスは先月リリースされたばかりだが、すでに全国36都市で展開し、1万人以上の代飲み人が登録されている。(翻訳・編集/増田聡太郎)