Spotifyモバイルアプリに動画ループ機能。アートワークだけだった再生画面を華やかに

音楽ストリーミングサービスのSpotifyがモバイルアプリで楽曲再生中の動画ループ機能をテストしています。現在のところ、Superorganismの「Everybody Wants To Famous」、「Something For Your M.I.N.D」の2曲でこの機能が確認できます。スマートフォンのSpotifyアプリで楽曲の再生画面を表示すると、通常はそのアートワークが表示されますが、最新のNew Music Fridayプレイリストにも含まれたSuperorganismの楽曲の場合は、アートワークの代わりにシュールな動画ループが控えめなクレジット表記とともに延々と表示されます。


動画はプロモーションビデオを抜粋しつつも横画面ではなく、スマートフォンの縦画面表示に最適化されています。楽曲の再生を停止しても映像が動き続けるところなど、どちらかといえばアニメGIFを見ている感覚。ほかにも同様のことをしているアーティストや楽曲があるだろうかと少し探してはみたものの、冒頭に紹介したSuperorganismの2曲以外には見つけることができませんでした。


Spotifyはこの機能に関して「現時点で発表することは何もない」としており、まだ試験中と推測できます。また、この機能はスマートフォンアプリのみに対応しており、デスクトップアプリでは動画は表示されません。

Spotifyは2018年に株式公開を計画しているとされ、2017年11月には音楽制作・共有サービスのSoundtrapを買収し、独自の動画やポッドキャストなどサービスの強化を図っています。今回の試験的な動きも、Apple Musicなどライバルの追撃をかわし、7000万人を超えてユーザーを獲得し続けるための地道なブラッシュアップのひとつと言えそうです。

ちなみに、Superorganismとは弱冠17歳の日本人ヴォーカルOronoを含む、2017年デビューの多国籍グループ。原色を多用したサイケでエレクトロ・ポップな音楽は独特の魅力を持っており、Apple Music Beats 1のフランク・オーシャンの番組やBBCの人気ラジオ番組で取り上げられ、さらにサッカーゲーム「FIFA 2018」のサントラ盤に楽曲が収録されるなど、欧米で人気が拡大しています。