破局は突然訪れるもの。せっかく幸せにこぎつけたと思っていたのに、突然“青天のヘキレキ”のように、彼との仲が引き裂かれたとしたら……。破局のピンチを回避するためには、手のひらに現れる相をチェックしておくことが必須かも!?


出典:NOSH

そこで今回は、“破局の危機が迫っている時の相”をご紹介いたします。

 

■1: 第三者に引き裂かれる相…生命線の横線「影響線」に「島」があり支線が出る

生命線の横に並んで刻まれる“影響線”に“島(線で囲まれた部分)”があり、そこから横線が出ている場合は、恋人との関係に疲れを感じているサインです。いつ横恋慕されてもおかしくない手相ですが、彼との関係を見直し、改善することで線は変化するでしょう。また、“影響線”の先端に横線があり、そこで線が止まっている場合も要注意。第三者の邪魔により恋人と引き裂かれる暗示が。お互いの信頼関係を大切に。

 

■2: 浮気から破局に進んでいく相…「結婚線」に並行して短い線が数本ある

この手相は、彼が不倫や浮気の恋をしているときにも現れてくると言われています。“結婚線”のすぐそばに短くて細い線が出ているのは、気持ちがパートナーから離れつつある証拠。もしも、相手に出ていたら要注意。探りを入れてみてもいいかも。そして、自分に出ていたら気をつけて。甘美な“道なき恋”があなたを待っているかもしれません。声をかけてくる異性に対しても十分注意しましょう。

 

■3:恋のトラブルでふたりの仲が決裂する相…細く短い結婚線が何本もある

この手相の持ち主は、男友達ができやすいシーズンである反面、恋愛のもつれに注意が必要。小指の横幅よりも短い結婚線がいくつも刻まれているのは、パートナーとのケンカが絶えないことを意味しています。異性に親切なのはいいことですが、あまりにも深入りしてしまい“トラブルの火種”をまいてしまうことに。その上、あなた自身も疲れきってしまい、勢いで「もう別れる!」と彼に宣言して後から後悔してしまいそう。

 

■4:予期しない破局に見舞われる相…運命線上に島型紋が出ている

運命線上に島形の紋が出ている場合は、運勢が急降下することを意味します。手首の方にある島は、幼い頃に恵まれない環境で育ったことを意味し、知能線に接する島は考え違いや思慮の浅さがトラブルを招くことを暗示するもの。そして、感情線に接する島は恋愛のトラブルをもたらし、運命線先端の島は金銭的なピンチなど予期せぬトラブルに見舞われることを表しているのです。いずれにせよ、突然パートナーから別れを告げられる恐れが。

 

“禍福はあざなえる縄のごとし”ということわざがあります。これは、災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように交互にやってくるものだという意味です。災難が訪れるのは誰だって嫌なこと。しかし、その災難にどう向き合って対処するかによって、それがあなたの経験となり、幸せに変わることも。災いを幸福に変える心の強さを持ってくださいね。(脇田尚揮/ライター)