ゴマの発祥地は紀元前のインドで、現在では東南アジアや中近東で広く栽培されています。この小粒のゴマですが、健康や美容の効果は万能だと言えるパワーを持っています。今年はごまをいろいろなものにトッピングして、より手軽に取り入れてみませんか?

ゴマに含まれている栄養分にびっくり

ゴマには「ビタミン」「良質のタンパク質」「ミネラル」「不飽和脂肪酸」「食物繊維」など、ほとんどの栄養素が含まれていて、大さじ2杯分のゴマでその日に必要な栄養分は補えそうなレベルです。普段のごはんや、おかず類、お味噌汁などに、すり潰したゴマを振りかける習慣で、栄養の心配はなくなると言っても過言ではありません。

食卓のゴマ習慣は上級の美容習慣

ゴマリグナンに含まれる物質セサミン、ビタミンE、などは次のような効果があります。

●ビタミンEはシミやくすみの原因になるメラニンを排出するはたらきがありますので、美肌効果、美白効果に欠かせません。

●セサミンは抗酸化のはたらきに優れ、悪玉活性酸素を抑えてくれます。悪玉活性酸素はカラダ全体の老化を促してしまいますのでそのはたらきを抑えることで老化も未然に防いでくれるわけです。

●ゴマリグナンは、脂肪燃焼を助けるはたらきがあり、ビタミンEはコレステロールを減らすはたらきがあります。この二つの相乗効果がダイエットにも効果的です。

●ビタミンEは血行をよくするはたらきがあり、髪毛に酸素や栄養分を行き渡らせることで白髪の予防や髪のツヤを保つ効果も報告されています。

この時期にはうれしい! 二日酔いにも効果あり

セサミンには、血中アルコール濃度を低下させるはたらきや、二日酔いの原因物資であるアセトアルデヒドの分解を促す作用があり、二日酔いを予防してくれるパワーが大変優れています。何かと飲み会の多いこの時期にはうれしいですね。その他にもゴマには生理不順、更年期障害、骨粗しょう症などの予防にもすすめられる食材のひとつです。今年から始めたい健康習慣として「できるだけゴマをトッピングする」を加えてみてはいかがでしょうか。来年の今頃は、今より若返っているかもしれませんよ!


writer:Masami