全米選手権初優勝となったブレイディ・テネル【写真:Getty Images】

写真拡大

全米選手権初制覇、平昌五輪ほぼ確実、上昇度◎の新星出現「可能性とは天井知らず」

 フィギュアスケートの全米選手権は5日(日本時間6日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の新星ブレイディ・テネルが合計219.51点で初優勝。平昌五輪代表の有力候補に躍り出た19歳を米メディアも「テネルは思いがけない存在となった」と称賛。平昌五輪ではロシア勢を追う宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)の日本勢のライバルとなるかもしれない。

 上昇一途の勢いそのままに、19歳の新星が全米女王に駆け上がった。

 テネルはSPに続き、ミスのない演技を披露。渾身の4分間を演じ切ると、会心の笑みがこぼれた。得点は219.51。国内大会のため公認記録にはならないが、自己ベストの204.10点を15点以上も上回るハイスコアを叩き出した。

 昨年の全米選手権は9位。今季、初めて出場した11月のGPシリーズ・スケートアメリカで宮原、坂本に続き、3位に食い込み、ブレイクの兆しを見せていたが、シーズン前までほぼ無名だった19歳は、ここに来て想像以上の躍進ぶりだ。

 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」も「テネルは思いがけない存在となった」と驚きを持った伝え、今大会の演技について「トップ選手達がジャンプで苦しむなか、テネルのジャンプはSP、FSのどちらでもほぼ非の打ち所がないものだった」と絶賛した。

ロシアを追う平昌五輪…実績劣るも上昇ピカイチ、宮原&坂本らのライバルに?

 代表入りがほぼ確実となった平昌五輪。大舞台のメダル争いでもダークホースとなる可能性を秘めている。

 右足の故障こそ負っているが、世界選手権2連覇女王エフゲニア・メドベージェワ、今季無敗でGPファイナルを制した15歳の天才少女アリーナ・ザギトワら、ロシア勢が金メダルの最有力。宮原、坂本の日本勢、GPファイナル3位のケイトリン・オズモンドらを擁するカナダ勢とともにロシアを追う構図だ。

 米国もロシアを負う立場。もちろん、テネルは実績ではトップ選手に劣っているが、上昇ぶりという点では、日本の17歳・坂本らとともにピカイチ。特別な舞台で、何が起こるかわからないのがオリンピックの怖さでもある。

「信じられないです。言葉にできない……可能性とは天井知らずだと思いました」

 記事によれば、こう振り返ったというテネル。「天井知らず」の可能性は、平昌のリンクでも輝くか。楽しみな存在がまた一人、現れた。(THE ANSWER編集部)