【ソウル聯合ニュース】韓国政府は6日、9日に南北軍事境界線がある板門店で開かれる南北の高官級会談に趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官を首席代表とし、千海成(チョン・へソン)統一部次官と盧泰剛(ノ・テガン)文化体育観光部第2次官、金起弘(キム・ギホン)平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会企画事務次長ら5人を派遣することを北朝鮮に提案した。統一部当局者が明らかにした。

 同当局者によると、韓国側は板門店の連絡チャンネルを通じて北朝鮮側に代表団の名簿を伝え、北朝鮮側に対しても代表団の名簿を示すよう要請したという。

 これまでの南北の長官級会談の代表団は通常、長官を首席代表とし、関係官庁の室長・局長が含まれていたが、今回は次官が入る異例の構成となった。

 同当局者は「今後続けられる実務会談で、より責任のある当局者が会談を担当するよう、次官らを代表団に入れた」として、「2000年代初めの長官級会談でも次官が代表団に含まれたことがある」と説明した。