©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

歌舞伎俳優・九代目松本幸四郎の孫で、七代目市川染五郎の長男。藤間齋(いつき・12歳)は、歌舞伎界で300年続く高麗屋に生まれ、4歳で「松本金太郎」として歌舞伎俳優の道を歩み出した。

そして2018年1月、ついに「八代目市川染五郎」を襲名。

1月7日(日)に放送される『静岡朝日テレビ開局40周年記念 高麗屋三代襲名スペシャル 八代目市川染五郎 密着3650日〜12歳・若武者が生まれるとき〜』は、歌舞伎俳優・松本金太郎を2歳の初お目見えから10年間にわたり密着取材した番組だ。。

©テレビ朝日

松本金太郎には、知られざる苦悩や葛藤があった。

歌舞伎俳優は、名門に生まれたからなれるのではない。その環境を受け入れて日々習練に励み、いくつもの芸事を習い、礼儀・作法を身に付け、人間的にも成長しなければならない。宿命を背負い、数々の苦悩と立ち向かいながら新たなステージへと羽ばたく若き歌舞伎俳優の姿を、秘蔵映像とともに描く。

©テレビ朝日

◆1000本を超える取材テープが物語る成長記録

2歳の“初お目見え”では、観客に向かって「がんばるぞー」と叫ぶ金太郎。かわいらしい姿に歌舞伎座は拍手喝采の嵐。

しかし、ある日ハプニングが! これに祖父・松本幸四郎は、「歌舞伎役者を何十年もやって来て、歌舞伎の面白さを孫から教わるとは思ってもいなかった」と話す。

4歳のときには、祖父・父・子の三代で『連獅子』を舞うことが決まり、猛稽古の日々。猛特訓でむずかり泣き出す金太郎に、祖父・幸四郎、父・染五郎は…。

11歳、2歳のときから夢見た『父子連獅子』が高知で1日だけ公演されることに。連日の猛特訓から本番当日までをカメラが密着。思いのこもった夢の舞台は、多くの観客を魅了した。

そして2018年1月、いよいよ300年続く高麗屋の三代襲名。同番組では、大晦日から襲名当日までを徹底取材。家族とともに迎える「八代目市川染五郎」始まりの瞬間を完全ドキュメントでお送りする。

©テレビ朝日

◆絵や演出といった多彩な趣味も

また、金太郎の趣味は多彩で、そのうちのひとつが“絵を描くこと”。7歳のときには展覧会を開き、今では毎月雑誌に連載コーナーを持つほどの腕前だ。

その他にも芝居の脚本や演出をするなど、父・染五郎譲りの多彩な才能を発揮。家の稽古場で妹と芝居を上演する様子なども紹介される。

◆支え見守る、家族の思い

歌舞伎役者は「夫婦共稼ぎ」と言われるほど奥さんの役目が重要。そんな梨園の妻として夫を支えながら金太郎を見守る母・園子。宿命を背負い歌舞伎役者として生きるわが子への思いにも迫る。

そして、松本紀保・松たか子、ふたりのおばの目に映る金太郎の姿とは。

◆貴重なプライベート映像も満載

4歳のとき、家族そろっての旅行で北海道へ。そこで乳しぼりに初挑戦した。楽しくてはしゃぐ金太郎兄妹の表情にほっこり。父・染五郎が撮影したオリジナル映像も公開される。

さらに、一門が集まる松本幸四郎家のお正月の様子など、普段見られない貴重な映像もたっぷりお届けする。