全米選手権で2位となった長洲未来【写真:Getty Images】

写真拡大

全米選手権2位で10年バンクーバー以来の五輪濃厚…米メディア称賛「3Aは称賛に値する」

 フィギュアスケートの全米選手権は5日(日本時間6日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の長洲未来は合計213.84点で2位に入り、2大会ぶりの五輪出場が有力に。日本人の両親を持つ24歳は故障などを乗り越え、復活の涙。米メディアも感動のシーンを動画付きで紹介し、「トリプルアクセルは称賛に値する」「やり切った自信が備わっている」と賛辞を送った。

 思わず感情が爆発した。「213.84」―。得点が表示されると、長洲に熱いものがこみ上げた。

 合計200点超の高得点を見ると、両手で顔を覆い、涙を必死にこらえた。2大会ぶりの五輪切符を大きくたぐり寄せるスコア。米スケート専門メディア「icenetwork」が動画付きで公式ツイッターに紹介するなど、感動のシーンとなった。

 日本人の両親のもと、米国で生まれ育った。ジュニア時代から頭角を現し、08年の全米選手権は14歳9か月の若さで優勝して一躍、注目された。10年バンクーバー五輪は4位入賞。その後は故障などで苦しい時代を過ごし、14年ソチ五輪は出場権を逃した。

 しかし、今季は憧れの浅田真央さんの代名詞でもあった3回転アクセルに成功。復活の兆しを見せ、今大会も3回転アクセルに挑戦するなど攻め抜いた。4年ぶりに表彰台に上がり、3枠ある平昌五輪の代表入りを有力とした。

米メディア称賛「トリプルアクセルは称賛に値」「やり切った自信が備わっている」

 苦節の時を過ごした24歳の復活劇に、地元の米メディアも称賛している。

「2014年の五輪代表に漏れ、涙を飲んだ長洲未来はオリンピックの舞台に戻ってくる見込みだ」と代表入り濃厚を伝えたスポーツ専門局「NBCスポーツ」は「2008年の優勝以来となる、最高の結果を残した。彼女は今季トリプルアクセルを加え、両プログラムで着地が乱れはしたが、そのジャンプは称賛に値するものであった」と賛辞を送った。

 米紙「USAトゥデー」は「2010年バンクーバー五輪で4位、2014年は代表入りが叶わなかった。しかし、今回の彼女は間違いなくやり切ったという自信が備わっている」と完全燃焼した24歳を称賛。記事によると、本人は「今夜の結実ぶりは、とてもエモーショナルなものでした。カムバックを果たしたことを感じており、(代表選出の)決断が待ちきれません」と振り返ったという。

 日本でもファンの多い長洲未来。出場が叶えば、平昌でも日米の期待を受け、リンクを舞うことになりそうだ。(THE ANSWER編集部)