森保ジャパン、MF初瀬亮とFW前田大然が離脱…MF長沼洋一とFW旗手怜央を代替招集

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は6日、AFC U−23選手権中国2018に挑むU−21日本代表において、MF初瀬亮(ガンバ大阪)とFW前田大然(松本山雅FC)がチームを離脱し、代わってMF長沼洋一(FC岐阜)とFW旗手怜央(順天堂大学)を招集するこを発表した。長沼は同日、旗手は7日にチームへ合流する。

 同大会は各予選を勝ち抜いた16チームが4グループに分かれてリーグ戦を行い、上位2チームが決勝トーナメント(準々決勝)に進出する。

 日本は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表、タイ代表、パレスチナ代表と同じグループBに所属しており、10日にパレスチナ、13日にタイ、16日に北朝鮮と対戦する。