女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん【写真:編集部】

写真拡大 (全2枚)

【連載最終回】ロンドン五輪銅メダル後に考えたことも…29歳で下した引退の決意

 2012年ロンドン五輪の銅メダリストであり、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した女子バレーボール元日本代表の迫田さおりさん。約20年間のバレー人生を辿る連載第3回は最終回。日本代表として戦った五輪、そして、29歳で下した引退の決意について聞いた。

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生
【連載第2回】目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”
【連載最終回】「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由

 迫田が初めて全日本代表の登録メンバーとなったのは、2010年。世界選手権などにも出場していたが、日本のスポーツファンに存在を知らしめたのは、間違いなく2012年のロンドン五輪だろう。

 韓国との3位決定戦で初の先発出場。大会前、代表選手としては当落線上にいた彼女はこの日、23得点の活躍で、28年ぶりの女子バレーのメダル獲得に貢献した。

「あの試合、とにかくいいところにトスを上げてもらえた。私はただ“絶対に決める”という強い思いだけを持ち、手を振り下ろしただけ。オリンピックは本当に、選手、スタッフが一丸となり、必死の想いで戦った大会でした」

 実は、ロンドン五輪後、引退を考えていたという。

「なんとなく、オリンピック後は区切りがいいし、やめるのも一つの道かなと考えていました。その後、リーグ中に右肩を故障。これをきっかけに引退しよう、と思いました。でも引退を踏みとどまったのは、チームに必要とされたからです。ケガの様子を見ながら、試合に戻るタイミングや出場時間を綿密に計画し、本当に大事に私を使ってくれた。私の完全復帰を目指して取り組んでくれるトレーナーやスタッフの気持ちに応えたかった」

「私はアスリートとして失格だった」…現役時代をそう振り返った理由とは

 2013年11月、右肩痛から復帰。そして、日本人としては10年ぶりのVプレミアリーグ得点王となる。

「それからは1年1年を大切に、プレーを続けました。ケガをした当時は辛かったけど、今思えば肩を壊したことは、バレーボールを長く続けるきっかけになりました」

 2016年のリオデジャネイロ五輪に再び日本代表選手として出場。だが、その年のシーズンが終了した2017年5月30日、迫田は東レ・アローズ退団と現役引退を同時に発表した。

「選手としてプレーを続けられるメンタルではなくなった。それが一番の理由です。試合に負けたとき、悔しい反面、冷静な自分がいた。ふと、燃え尽きそうな感覚がよぎり、これ以上、ここでバレーボールを続けてはいけない、と思いました」

 Vリーグでの11年間を振り返り、「私はアスリートとして失格だった」と迫田。

「例えば、日本代表候補に残ったからには他の選手には負けたくないと思う一方、自信が追いつかない。インタビューで『頑張ります』『結果を出します』という自分の言葉を聞きながら、代表選手としてあるべき姿と実際の自分の姿とのギャップに苦しみました。私には、高い目標も、勝負に対する貪欲さも欠けていた。アスリートとして素晴らしい力を持つ選手たちと過ごしてきたからこそ、それがわかるんです」

それでも、迫田の言動力となったもの…引退後に模索する第二の人生

 では、迫田が長年、Vリーグでプレーを続けてきた原動力は何だったのか?

「やっぱり、いいプレーをするとみんなが喜んでくれることです。私が決めた瞬間、チームメイトやお客さんが、ガッツポーズをしたり立ち上がったりして、会場全体がものすごい盛り上がる。そのことがめちゃめちゃ嬉しかったです。そして、家族の存在。私がバレーボールを続けていたことで、両親が喜んだり家族や親族がつながったりすることが嬉しかった」

 引退からわずか半年。現役中は先のことを何も考えていなかったという彼女は今、第二の人生を模索している。

「今、興味があることには何でもチャレンジしています。そのなかで、やりたいことを見つけていきたいですね」

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生
【連載第2回】目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”
【連載最終回】「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由(長島恭子 / Kyoko Nagashima)

長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。