第2セット、ブロックに跳ぶ聖和女学院・松山璃星(4)、田口琴音(2)=6日、東京体育館(須谷友郁撮影)

写真拡大

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権大会は6日、渋谷区千駄ケ谷の東京体育館で3回戦が行われた。

 男子はシードの習志野(千葉)を破って勢いに乗る北陸(福井)が大村工(長崎)にストレート勝ちし、準々決勝に駒を進めた。女子は、昨夏の総体を制した東九州龍谷(大分)がフルセットの末、柏井(千葉)を下した。この日、準々決勝も行われる。

▽男子3回戦

洛南(京都)2−0荏田(神奈川)

北陸(福井)2−0大村工(長崎)

崇徳(広島)2−1愛工大名電(愛知)

東亜学園(東京)2−1大塚(大阪)

▽女子3回戦

金蘭会(大阪)2−0福井工大福井(福井)

東九州龍谷(大分)2−1柏井(千葉)

由利(秋田)2−0就実(岡山)

八王子実践(東京)2−0北海道室蘭大谷(北海道)

下北沢成徳(東京)2−0聖和女学院(長崎)