長友佑都が精彩欠くプレー インテルの指揮官は「風邪をひいていた」と擁護

ざっくり言うと

  • インテルの長友佑都が5日、フィオレンティーナ戦に途中出場した
  • 対面の選手に1対1で抜かれ、ピンチを招くなど精彩を欠くプレー
  • 試合後、指揮官は「彼はこの週のあいだ風邪をひいていた」と擁護した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング