松山英樹は暫定8位で2日目を終えた(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目◇5日◇プランテーションコース at カパルア>
ハワイにあるプランテーションコース at カパルアで行われている米国男子ツアー2018年初戦「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の第2ラウンド。前半でスコアを3つ伸ばした松山英樹だったが、後半では3バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせず。結局6バーディ・3ボギーの“70”として、首位から3打差のトータル6アンダー・暫定9位でこの日の競技を終えている。
【関連】松山英樹、初のホールインワン達成にこの笑顔
トータル9アンダー首位タイにマーク・リーシュマン(オーストラリア)とブライアン・ハーマン(米国)、1打差3位タイに世界ランク1位のダスティン・ジョンソン、パット・ペレス、クリス・ストラウド(いずれも米国)が続いている。
優勝最有力に挙げられているジョーダン・スピース(米国)はスコアを7つ伸ばし、トータル5アンダー11位タイでフィニッシュ。大会連覇がかかるジャスティン・トーマス(米国)は2つのダブルボギーが響き、トータルイーブンパー27位タイに急落している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目のリーダーボード
「0点です」松山英樹、首位と3差好発進も不満あらわ
松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”
松山英樹は、いつ負けたのか 悔し涙の本当の意味 【舩越園子コラム】
ALBA.Net編集部が選ぶ!2017年 ギア10大ニュース