飛行試験中のMRJの飛行試験初号機(三菱航空機提供)

写真拡大

 国産小型ジェット旅客機「MRJ」の開発が佳境に入る。三菱航空機(愛知県豊山町)は2018年後半には設計見直しを反映した機体を製造し、型式証明取得に向けた飛行試験に追加する。水谷久和社長に聞いた。

 ―17年秋としていた設計見直しは完了したのですか。
 「装備品の配置、電線の配線と大きく二つの見直し作業があり、装備品については終えた。電線はめどは立ったが、詳細な作業をしている。18年の大きな課題は、設計見直しを完全に仕上げ、それを反映した機体を作り上げることだ。年内ぎりぎりになるかもしれない。追加する機数は今後詰める」

 ―飛行試験の今後の見通しは。
 「試験時間は1500時間まで到達。ただ、型式証明の審査を受けられる状態にはなっていない。設計見直しがあるので、どれほどの試験時間で完了すると言える状態ではない」

 ―量産初号機を目標の20年半ばに納入できそうですか。
 「ぎりぎりいけると思っている。ほぼ計画に沿って動いている」

 ―新規受注がしばらくないですが、航空会社との商談状況は。
 「型式証明取得に向け飛行試験を進めることが、将来の注文につながるはずだ。開発を仕上げることが優先で、積極的に受注を取ろうとはしていない」

 ―最大40機発注した米イースタン航空が米スウィフト航空に買収され、キャンセルの可能性が出ています。
 「イースタンはスウィフトに事業譲渡したが、イースタンからの受注はいまも存在している。注文をどうするのか、イースタンと協議を重ねている。キャンセルになるかもしれないが、MRJの開発状況や性能ではなく、イースタン側に起因する結果と受け止めるべきだ」

 ―神戸製鋼所のアルミニウムを試験機に採用していましたが、影響は。 
 「飛行試験には影響なく、安全性は確保できる。量産での採用については状況を見極める。顧客側が材料を全て疑って確認することはあり得ないが、完全に信頼して全く検査しないわけではない」