トヨタ・セーフティ・センスは第2世代へ進化!

 トヨタ自動車は、ラグジュアリーなスタイルで人気のアルファードならびにヴェルファイアをマイナーチェンジし、2018年1月8日(月)より発売を開始する。

 デザイン面の変更点として、エクステリアはヘッドライト/フロントグリル/フロントバンパー/バックドアガーニッシ/リヤコンビネーションランプのデザインを変更することで、より力強さや高級感ある個性を強調した。インテリアでは、メーター加飾やシート表皮を変更。さらに室内の味わいを深める新木目調を採用し、モダンでありながら先進的な空間に仕上げている。

 また、上質な2列目シートを備える高級仕様「Executive Lounge」は、これまで標準ボディのみだったが新たにエアロボディにも追加設定されている。専用インテリアには、「ブラック&ホワイト」のコントラストが美しい内装色に、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施した柔らかな手触りのホワイトのプレミアムナッパ本革シートなどを採用し、高級感に満ちた装いに仕上げたモデルとなっている。

 加えて、ハイブリッドのエアロ仕様には、エントリーグレードのアルファード「S」、およびヴェルファイア「Z」を設定した。

 走行性能については、ダイレクト感のある加速と優れた燃費性能の両方を実現した新型3.5リッターV6エンジンとDirect Shift-8ATを採用。また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性をアップし、ドライビングの楽しさだけではなく、乗り心地の向上も図られている。

 そして今回のマイナーチェンジでは、第2世代目となる予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車に標準装備した。第2世代版は「トヨタ セーフティ センスP」に設定されているプリクラッシュセーフティに、昼間の自転車の運転者や夜間の歩行者の検知機能を追加し、安全性をさらにアップ。

 また新たに、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」や、カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示し、安全運転をサポートする「ロードサインアシスト(RSA)」などをパッケージ化し、安全装備がさらに充実した。

 このほかにも、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、「アダプティブハイビームシステム(AHS)」、「先行車発進告知機能(TMM)」を備え、多面的な安全運転支援を可能にした。

 メーカー希望小売価格(税込)は、それぞれガソリンがが335万4480円〜718万3080円、ハイブリッドが436万3200円〜750万8160円となっている。