原美穂『フツ――の主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉』(アスコム)

写真拡大

2018年の箱根駅伝は青山学院大学の4連覇で幕を閉じた。この偉業を導いた原晋監督が、「監督の監督」と呼ぶ人がいる。原監督の妻で、陸上競技部町田寮の寮母である原美穂さんだ。美穂さんは2017年末、初めての著書『フツ――の主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉』(アスコム)を上梓した。この本から、チームを強くする「声がけ」のポイントを美穂さんの言葉を交えて紹介しよう――。

■「苦しさの意味を理解しない子」は伸びない

原監督は就任当初、学生の自主性に期待しすぎるがあまり、練習メニューは提示するものの、その狙いや取り組み方にはさほど言及していなかったという。それがいつしか一部の学生を疑心暗鬼にさせていた。

また、原監督は青学のOBではなく、学生時代に箱根駅伝を走った選手でもなく、実業団の中国電力でもケガで引退に追い込まれ、営業マンとして働いていた。指導者としての実績も何も無かったのだ。そんな突然やってきた新人管理職の言うことを、素直に聞く人がいないのは当然だった。

「『なんでこんなことをやらされるんだ』『あんな練習に意味があるのか』。『こんなことをやって本当に箱根を走れるように強くなれるのか』……。こういった疑問を持つ子に対しては、『なんで』『意味があるのか』の部分に、しっかりした答えを示してあげることができれば、目的を理解し、真摯に取り組むようになる可能性が高いのではないか」

美穂さんはそう考え、原監督に丁寧な説明をするよう進言したという。

「乗り越えた先に何が待っているのか、イメージさせてあげることが指導者の大きな仕事だと思います。ただ理由や目的を伝えるだけでなく、そうすることで、あなたにとって、どんないいことがあるのかを理解するところまで、導いてあげるのです」

「いいから黙ってやれ」と頭ごなしに命じても、モチベーションを奪うだけだ。また、「こうすれば、こうなるからやれ」と答えを教えても、別の練習メニューの前ではまた立ち止まってしまう。自分で考えずに言われたことをただやっているからだ。

このような組織では指示待ちの人材ばかりになってしまう。若手が自分で答えをみつけるよう「自分で考える力」を育ててやることは、一見、手間がかかるようだが、より大きな成果を生み出す。

■「できる子」は次の目標を自ら高くしていく

青学が33年ぶりに予選会を突破し、箱根駅伝の本選に出場したのは2009年。美穂さんの寮母就任から5年後のことだった。本選での結果は総合22位と奮わなかったが、原監督も寮母の美穂さんも、そして当時の4年生も、予選を突破し箱根駅伝に出場する、という目標の達成に満足感を抱いていたそうだ。

ところが、その本選直後のこと。

「わたしはまだ、ついに箱根駅伝を走らせることができた喜びに浸っていて、翌年のことまでは考えていませんでした。ところが3年生は、自分たちの目標を自発的に設けようとしていたのです。その目標とは『来年も箱根駅伝に出る』ではなく『今度はシード権を獲る』、つまり、総合10位までに入ることだったのです」

結果を先に書いてしまうと、青学は翌年の予選会も突破し、本選では大躍進して総合8位入賞を果たし、念願のシード権を獲得したのだ。もしも、監督や寮母が先回りして「次の目標はこれだ」と学生に与えてしまっていたら、はたして、同じ結果が得られていただろうか。

20歳前後の若者でも、「自分たちは何をすべきか」を探り当てることはできる。

マネジメントをする立場の人間にとって大切なのは、若手が自発的に掲げた目標に素早く気づき、それを達成に向けてサポートしていく「支える力」だ。

■好きな人とだけつき合わせないようにする

2018年、青学は箱根駅伝を「ハーモニー大作戦」で勝ち抜いた。前哨戦となる出雲駅伝、全日本大学駅伝で優勝を逃したことを受けて原監督が掲げたその作戦名は、全体の調和を重視して名付けられたものだった。

美穂さんも、チームとしての力にこう言及している。

「青山学院大学はなぜ駅伝に強いのか、と聞かれることがあります。個人のタイムを積み重ねてみると他校と同程度なのに、駅伝となると大差がつくことをその人は疑問に思っているようでした。私はその理由を『団結力』だと思っています」

その素地は、町田寮で育まれてきた。寮での食事は、全員が食堂に揃ってとるのがルールになっている。どこに誰が座るかは予め決めておき、月に一度、シャッフルするのだという。その狙いは、広い人間関係を築きコミュニケーション力を養うことだ。

「ここが教室なら、たくさんいる学生の中から親友を見つけるため、気のあう人と深く仲良くなれば、それでもいいのかもしれません。しかしここは陸上競技部の寮です。しかも、本来は『個人競技である陸上』を、『駅伝というチームで戦う』ことを選んだ子の集まった場所です。チームの結束力を高めるには、一部の人と深い関係を築くことより、すべての人との間から垣根を取り払い、広い関係をつくることが重要だと思います」

チーム内の仲の良さに濃淡があるなら、それは派閥があるということだ。派閥のあるチームは率いるのに骨が折れる。そのチームがアスリートの集まりであっても、ビジネスマンの集まりでも、同じことが言えるだろう。

また、職場では、その部署の成果として総合力が問われるだろうが、そもそも個人個人が能力を発揮しないとチームにも貢献できない。個人とチームの両方の力を同時に上げなければ成果がでないのは、駅伝も職場も同様ではないだろうか。

■夫の「監督就任」に猛反対した理由

駅伝ファンの間では、原監督がかつて中国電力の営業マンだったことはよく知られている。妻の美穂さんも、地元の優良企業である中国電力の社員と結婚したつもりでいた。ところが2003年、その夫が突然、母校でもない青山学院大学の、しかも3年契約の嘱託職員として、陸上競技部の長距離部門の監督になり、箱根駅伝出場を目指したい、と言い出した。当時、専業主婦だった美穂さんは「猛反対」したという。

「今の仕事はどうするの? 転勤暮らしが落ち着いて買ったばかりの家はどうなるの? そもそも、わたしの両親が結婚を許してくれた理由のひとつは、あなたが中国電力の社員で、中国地方から外への転勤がないからだったでしょう? 突っ込みどころ満載の夫の話に一つひとつ突っ込みながら、私は猛反対しました。3年契約、その後は成果次第という話を聞けば、なおさらです。ただ猛反対しながらも、このわがままな夫が折れるはずがなく、絶対に監督になるつもりなのだなとわかっていました」

折れるはずがない夫に、絶対に反対だと言い続けたのには訳がある。そうすることで、夫が意地になるのを見抜いていたのだ。

「反対されればされるほど、燃えるのが原晋という人なのです。ですから、私は思いきり反対をし、反対しつくしてから、最後の最後に、わたしのこれだけの反対を押し切るのだから、悔いのないようにしっかりやってほしいと伝えました」

原監督のような、情熱的な一匹狼タイプの人には、猛反対の末の応援、というサポートの仕方が有効なのだろう。

リーダーだけでは強くなれない。サポートする人の「支える力」があってはじめて組織、チームは強くなれる。原監督が「実は、彼女が監督の監督です」という寮母・美穂さんの「支える力」があっての4連覇だったのだ。

その原監督がひっぱり、寮母の美穂さんが支える青学は、すでに箱根5連覇に向けてスタートを切っている。

----------

原 美穂(はら・みほ)
青山学院大学体育会陸上競技部町田寮寮母
1967年、広島県広島市生まれ。大学卒業後、証券会社入社。その後、中国電力に勤務していた、原晋氏と出会い、結婚。2004年、原晋氏が3年契約で青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督就任と同時に、住みなれた広島をはなれ、陸上競技部町田寮寮母になる。初代寮母として、ゼロから寮のルールづくり、選手のサポートを行う。初の著書に『フツ――の主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉』(アスコム)がある。

----------

(青山学院大学体育会陸上競技部町田寮寮母 原 美穂 編集協力=アスコム)