20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪府のドラックストアで化粧品の販売員をしている安田晴代さん(仮名・34歳)。腰まであるロングヘアに、ゆったりとしたラインの赤いコートがよく似合っています。眉毛の上で整えられた前髪に大きな瞳はさらに強調されており、多少の好き嫌いに分かれるかもしれませんが、とにかく美人で男女問わず目を引く個性的な女性です。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県の山奥の地域で、祖父母と両親の5人家族です。祖父母とは私が生まれる前からずっと同居しています。2人とも今も健在で、元気ですよ。年末年始は今でも親戚一同で近場の温泉旅行に行っています。小さい頃から両親は厳しかったですね。でもその分、おじいちゃんおばあちゃんは私に優しくて甘々でした。もう私も30超えているのに子供扱いですからね。恥ずかしながら今でもお年玉をもらっています。一緒に住んでいるのは父方の祖父母なんですが、父親もひとりっ子で孫は私だけなんですよ。だからかわいがり方がすごくて。ありがたいことなんですけどね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「付き合っているのかも、というよくわからない子が高校生の時にいました。高校時代はグループ交際が流行っていたというか、男女数人のグループ行動が多かったんです。クリスマスなどのイベントは常にそのグループと一緒で、その中で特に仲が良かった男の子とほぼ毎日電話をしたり、グループで遊んだ後に2人で遅くまで公園で話したり、ほぼ付き合ったような感じでしたね。初めてのキスも彼でしたし。でもどちらも付き合おうという話もせずに、高校卒業を機にグループで集まることが減っていって、彼との付き合いも疎遠になっていった感じです。今でも同窓会などで会う機会はあるんですが、お互いその話題にはまったく触れないんですよ。彼はすでに結婚していますからね。今さら確かめたりもしないですよね」

アルバイト先で出会った彼は男女問わず友達の多い人で……

晴代さんはその後短大に進学し、アルバイト先で知り合った1歳上の大学生と付き合いだします。

「彼は地方出身者で大学の近くで1人暮らしをしていて、よく友人として泊まりに行くようになって、そういう関係になって、付き合うようになった感じですね。彼は男女問わず友人がとにかく多い人で、彼の家はみんなが集まる場みたいになっていたんですよ。私も友人だった時から彼の家で課題をしたり、短大からアルバイトまでの時間を彼の家でつぶしたりしていたんです。その関係がエスカレートして、実家に帰ることが億劫になって泊まるようになって、成り行きで付き合うようになっちゃって。

付き合ってからは大変でしたよ。彼女になってからも彼の家には女友達も入り浸り続けて、毎日やきもちを焼いていました。女友達が勝手に冷蔵庫を開けて料理しだすんですよ!その光景をすごく腹を立ちながらも、友人たちには愚痴を言うことができませんでした。だって、私も友人関係だった頃はそんなことをしていたから……。最初知り合った時に彼には彼女がいて、彼女がいてもお構いなしでしたから……。当事者になって、彼女の辛い気持ちや彼から離れていった気持ちがわかりましたね。私も結局、何度も彼に友人を家に招くのを止めてほしいと伝えてもやめてくれなかったので、就職が決まった時に別れました」

就職先はドラックストアを運営する会社で、配属先は販売員。その職場の店長と不倫関係になったと言います。

「不倫しちゃったんですよね……。お店は閉店作業を社員で行なうところで、そこまで大きな店じゃなかったので、社員は店長と2人になることが多くて、その後に飲みに行く機会が増えて、男女の関係になりました。

彼は7歳上の男性で、結婚していたのは最初から知っていました。最初にそういう関係になってしまった時は彼のことがそこまで好きではなく、流されてしまった感じだったのに、付き合っていくとどんどん好きになってしまって……。不毛な関係は付き合ったり、もう辛くなって別れたりを繰り返しながら5年以上も続いてしまったんです。一度は離れるんですが、職場で顔を合わせていると寂しくなってしまって、元の関係に戻ってしまう……そんな感じでした。自業自得なんですが、あったかいお風呂のような沼でしたね。どうしても関係を解消したくて、仕事を辞めたんです。だけど、その後も関係は続いてしまって……。でも、数年経った後に新しい人ができて関係を解消できたんです!しかし彼は結婚こそしていなかったものの……」

「奥の商品倉庫でイチャついたりすることが楽しかった」と懐かしそうに晴代さんは語ります。

不倫関係を解消してくれた男性は、爽やかだけど嘘で塗り固められた人だった。彼の嘘を無理やり信じることでしか一緒にいられなかった……。〜その2〜に続きます。