横浜マリノスで黄金期を築き、日本代表でも揃ってW杯に出場した川口能活と中村俊輔【写真:RYUGO SAITO】

写真拡大 (全2枚)

2人が語る「高校サッカー」の思い出…中村が川口に感じた「常勝チーム」との差

「炎の守護神」と呼ばれた希代の名GK川口能活(SC相模原)と日本サッカーを代表する天才ファンタジスタ・中村俊輔(ジュビロ磐田)。Jリーグの横浜マリノス(現横浜F・マリノス)で共闘し、長く支えた日本代表でも揃ってW杯に出場した2人の豪華対談が「THE ANSWER」で初めて実現し、4回にわたって互いのサッカー人生について語り尽くした。

【第1回】川口能活×中村俊輔が初対談 「天狗」になった“あの時代”から学んだこと

 現在、4強が出そろい、佳境に突入した全国高校サッカー選手権に出場経験を持つ2人。「レジェンド対談第2回」は、名門・清水商(現・清水桜が丘=静岡)出身の川口、当時は新興校だった桐光学園(神奈川)出身の中村が高校サッカーを振り返り、選手権の思い出のほか、プロを目指していた当時のサッカー論について考えを交わした。

――年末年始のサッカー界のビッグイベントといえば高校選手権。2人とも選手権本大会に出場していますが、当時の思い出を聞かせてください。

川口「今でこそ静岡県代表も(東京2校を含む)48都道府県の一つ、という立場ですが、僕らの時代は静岡県代表=高校サッカー界を牽引する存在でした。しかも、僕が通っていた清商(清水商)は県内でも常に優勝候補筆頭。県大会では常勝校として、全国大会では静岡代表として、常に“勝たなければいけない”プレッシャーがありました」

中村「僕の高校(桐光学園)は、まず選手権本大会出場が目標。神奈川県っていつも激戦なんです。高校サッカー部のほか、マリノスやヴェルディなどのクラブチームもあるので、どうしてもいい選手が分散してしまう。当時も上位校の力が接近していたので、2年時に県代表になったときはうれしかったなぁ」

川口「静岡も力が分散しがちだけど、たまたま僕の代は、いい選手が清商と藤枝東の2校に集中していた。だから、3年生のときの県内での決勝はいつも清商対藤枝東でしたね。3年生のとき、清商は公式戦で2試合しか負けないほど強かった。それでも選手権で優勝した瞬間は、プレッシャーから解放され、うれしさよりもホッとする気持ちのほうが勝った。3年間、日本一を目標にやってきたから、最高の終わり方ができて本当に良かった」

高校時代の中村に感じた「覚悟」…川口「だから、今の俊があるんだね」

中村「能活さんの話を聞いていると、僕らよりも全然、勝負にかけている感じがする。そこが清商のような常勝チームとそうじゃないチームとの差です。僕らはむしろ本大会のほうがおまけのような感じ。2年のときの選手権は初戦敗退だったし、3年時も一戦一戦、勝ち進むだけ、という気持ちで臨んでいた。その結果の準優勝です。選手権優勝なんて雲の上のことだったので、よくここまで成長したなぁと思いましたよ。決勝で市立船橋(千葉)に負けたけど、強豪の静岡学園(静岡)にも勝てたし、高校でやり残したことはない!」

――中村選手はクラブチームからプロ選手になる目標を描いていた。実は選手権のイメージはぼんやりしていたのでは?

中村「あ、それはありますね。僕は兄が高校球児。家の壁に兄が書いた『目指せ甲子園』的な紙が貼ってあるのを見て、『何が甲子園だよ……』とか思う冷めた末っ子だった(笑)。だから『何が何でも選手権!』という感じではなかったかな。それよりも、もっとうまくなって、クラブチームにも勝てるチームになりたい気持ちが強かった」

川口「……あ〜、やっぱり俊輔は、努力の人。だから、今の俊があるんだね。僕は高校選手権で俊を観たとき、一人でチームを勝たせている印象があった。もともと、サッカーの才能はあるけど、中学から高校時代にかけての悔しさをバネに高校時代はメンタル面でもすごく成長していたんだね。今までの話を聞いて、そういうバックグラウンドがあったんだなぁと感じた」

――2人の環境の違いが、成長の過程の違いに現れていますね。

川口「そうですね。僕は常にレベルの高い選手たちに囲まれていて、ポジションを争ううちにいつのまにか日本代表に呼ばれる力もついていた。駒の一つでしかなかったのに周りに押し上げてもらった感じです。だけど俊は、一つひとつ、自分で考え、力を勝ち取っていった。マリノス時代も一緒にいたけど、ここまでの話ってしないでしょう? ああ、そういう覚悟を持ってサッカーをやってきたんだなって今、知ったよ」

日本を代表する名手2人が「高校サッカー」で得たものとは

――選手権以外で、高校サッカーで得られたことは何でしょう?

中村「まず、中学時代は学校生活とサッカーが別々にあったので、両方の友達との関係が何だかあいまいだった。でも、高校ではチームメートが普段の学校生活でも一緒。これはすごく良かったと思う。そして、自分自身でボールにつばをつけて磨いたり、フィールドのラインを引いたりしないと練習ができない環境。クラブチームではピカピカのボールはもちろん、必要な道具や施設も常に用意されていたし、サッカーをやったらサッサと帰っていた。最初は『こんなことからやらなきゃいけないの!?』って面食らったけど、高校で道具を大事にする心を学びました」

川口「僕は勝つことが義務付けられた環境でサッカーを続けていたので、勝負にこだわることの大切や勝つことの喜びを知ったことです。いわゆる“勝ち癖”はこの時代から培われていたと思います。そして、素晴らしい仲間。チームメートとの出会いは何よりも得難いものです。ただ、6年間、厳しいなかでやってきたので、サッカーの遊び心や楽しさに触れてきた俊が少し羨ましい(笑)。クラブチームと部活、両方でプレーできる環境っていいよね」

(第3回に続く)
【第1回】川口能活×中村俊輔が初対談 「天狗」になった“あの時代”から学んだこと

<川口能活、初著作「壁を超える」を刊行>

川口は初著作「壁を超える」をこのほど上梓した。

 42歳現役選手を支え続けるものとは何か――。順風満帆に見えて、実際は今ほど整っていない環境での海外移籍や度重なる怪我など辛い時期を幾度も乗り越えてきた。メンタルが問われるゴールキーパーという特殊なポジションで自分自身を支え続けるものは何なのか。

第1章 苦境のおしえ
第2章 人を育てるということ、組織(チーム)を率いるということ
第3章 リーダーの肖像 ――指揮官たちに教わったこと
第4章 厳しかった日々と家族の存在
第5章 「現役」であること、「引退」に思うこと

「あの時」、川口は何を思っていたのか――。
定価:本体800円+税 ISBN:978-4-04-082166-5(長島恭子 / Kyoko Nagashima)

長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。