アザール、再びチェルシーの延長オファーを拒否?

写真拡大

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)が再び延長オファーを蹴ったようだ。イギリス『デイリー・スター』が『RMC Sport』の情報をもとに報じた。

▽かねてより自身が憧れとするジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーの関心が取り沙汰されるアザール。チェルシーは、現行契約が2020年までとなっているアザールの流失を避けるべく、延長に動いているとみられてきた。

▽だが、そのアザールがチェルシーから届いた1度目の延長オファーに続き、2度目の打診をも拒否。チェルシーとの延長を急いでおらず、意中とされるレアル・マドリーの出方をうかがうため、夏まで決断を遅らせる構えだという。

▽アザールは、2012年夏にリールからチェルシーに加入すると、圧倒的な攻撃センスでクラブ屈指のスタープレーヤーに。今シーズンのここまでプレミアリーグ16試合6ゴールをマークし、通算で275試合81ゴール70アシストを記録している。