デュオのモデル(同社提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国結婚情報サービス会社のデュオは6日までに、昨年12月に未婚男女340人に2018年の目標を尋ねたアンケート結果を公表した。若者の就職難が影響してか、新年に成し遂げたいこととして回答者のうち最も多い26.5%が就職を挙げた。

 男女別の新年目標は、男性が就職(25.0%)、試験合格・資格取得(21.4%)、恋愛(13.1%)、禁煙(10.1%)、女性は就職(27.9%)、ダイエット(19.2%)、恋愛(16.9%)、試験合格・資格取得(12.8%)の順で多く挙がった。

 新年の決心がどのくらい続くかとの質問では、「一週間」が39.7%で最も多かった。「1年中」は10.9%にとどまった。