吉田沙保里、福原愛【写真:Getty Images】

写真拡大

話題の福原特製メダルポーチが到着、五輪の4個収めた画像公開でファン2万大反響

 女子レスリングの吉田沙保里がツイッターを更新。卓球の福原愛が製作した“オーダーメイド”のメダル入れが届いたことを報告し、五輪で獲得した4つのメダルをキティちゃん柄の実物に入れた画像を公開し、ファンに「真ん中にもう一個入りそう」などと大反響を呼んでいる。

 吉田は4日にツイッターを更新。「愛ちゃんから手作りメダルポーチが届きましたぁー」とつづり、公開したのは2枚の画像だ。

 1枚にはハート柄などの3つのポーチが並べられ、驚きはもう1枚の写真。ポーチの内部を写した画像は、可愛らしいキティちゃんの裏地の側面が2つずつ仕切られ、両サイドに計4つのポケットが付いている。そして、中身にはピカピカに輝く物が、それぞれに収められている。そう、吉田が五輪で過去に獲得した4つのメダルだ。投稿には「しっかり4つ収まったよ」と記している。

 発端は昨年10月。当時、妊娠中の福原が自作のポーチをツイッターで公開すると、吉田が反応した。「愛ちゃん!凄ーい 上手!」と返信すると、福原は「もう少し上達したらプレゼントしたいので受け取ってください」と応答。そして、吉田は「本当に? メダル入れを是非作っていただきたい 贅沢言ったら、中が4つに仕切られてるやつがいいな」とリクエストした。

 五輪で金メダル3つを含む4つのメダルを獲得しているレジェンドからメダル入れ製作の依頼。驚きながらも快諾した福原は「まずは私のでサイズ確認! と思ったけどうちに2つしかない…」と記し、画像を掲載。「私の」とは、五輪メダルのこと。実際にロンドン五輪の銀メダルとリオ五輪の銅メダルをキティちゃん柄の布に当てて、サイズを確認している。

メダル2個の白井健三も反応…福原「4つとったらキティちゃんの作るから」

 歴史的な価値があるメダルを「うちに2つしかない」と事もなげに記し、吉田に対しては「アテネと北京のサイズがわからない 沙保里さんは本当にすごいなあ。。。」とポツリ。金3つと銀1つを持つレスリング界のレジェンドに対し、語っていた。

 本人たちにとっては普通の会話なのだろうが、五輪メダリスト、しかも複数保有しているからこそ成り立つ会話は、一般人からすればあり得ないこと。インターネット上で大反響を呼び、当時は「異次元すぎる」「神たちの会話」「凡人にはついていけない」などと驚嘆の声が上がっていたが、“異次元のメダル入れ”はついに完成を迎えた。

 福原は完成し、吉田宛に発送したことを昨年12月25日にツイッターで報告。実物を公開し、ファンも「めちゃくちゃ可愛い金メダルポーチ」「可愛い そして、凄く上手!!」「完成度高くてびっくり」と感嘆。今回、実際に届いた吉田は「愛ちゃん忙しい中作ってくれて本当にありがとう これからは愛ちゃんポーチ大活躍、間違いなし」と喜んだ様子だった。

 元の吉田の投稿にはリツイートといいねを合わせて2万の大反響。「真ん中にもう一個入りそうですね!」と東京五輪で5つ目のメダル獲得に期待するファンも。体操の白井健三も反応し、福原が「けんぞーくんも4つとったらキティちゃんの作るから使ってね」と返信し、リオ五輪の2つのメダルを持つ“ひねり王子”のさらなるメダル獲得を願っていた。

 SNS上のやりとりから大反響を呼んだメダリスト同士のほほえましいやりとり。いずれもまだ現役選手の立場にあり、20年東京五輪でさらにメダルを日本にもたらしてもらいたいところだ。(THE ANSWER編集部)