3rdシングル「貪欲スナイパー」をリリースするelfin'の2人。花房里枝(左)と辻美優(右)

写真拡大

美声女ユニット・elfin'(エルフィン)が、1月17日(水)に3rdシングル「貪欲スナイパー」をリリースする。メンバーの辻美優と花房里枝に、このシングルの聞きどころと共に、2018年の目標などを聞いた。

【写真を見る】初めてのロックチューンで、新生elfin'を見せると宣言する辻

elfin'は「全日本美声女コンテスト」のグランプリ(辻)と、準グランプリ(花房)の2人によるユニットで、その美しい“声”と“容姿”を武器に、アーティスト、声優、女優、モデル、タレントとマルチな活動を行っている。

3rdシングルにはリード曲「貪欲スナイパー」の他に、「マリン・エクスプレス」「Voice」のカップリング2曲も収録。「マリン・エクスプレス」は、手塚治虫原作のモーションコミック「マリン・エクスプレス」のエンディングテーマにもなっている。

■ 今までと違う新鮮なelfin'をお見せします!

――ゴシック調だった2ndシングル「Luna†Requiem〜月虹の宴〜」からガラッと変わり、今回はクールなロックチューンですね。

辻:「貪欲スナイパー」は今までの曲よりキーが高めになっていて、そこでクール&ビューティー感が感じられる楽曲になっています。ロックな曲調もそうですし、ハイトーンの部分を新たな試みとして頑張って歌っています。

花房:ロックな楽曲にはずっと挑戦してみたいと思っていたので、この楽曲を頂いた時はすごく嬉しかったです。皆さんに新生elfin'の歌声を聞いてもらいたいです。

――“新生”という事で、2人体制になってから初めてのシングルです。歌唱面の変化はありましたか?

辻:既存曲に関しては新たなパート分けになったので、逆に今まで聞いてくださっていた方にも新鮮なelfin'を届けられていると思います。「貪欲スナイパー」は私たちにとっても新しい雰囲気の曲だったんですが、少しずつ経験値も増えてきたので、レコーディングもMV(ミュージックビデオ)の撮影もそこまで固くならずに臨めました。

花房:本当に格好いい曲で、美声女ユニットとして表現できる事がとても嬉しいです。

――詞が面白いですよね。恋の歌にも取れるし、挑戦の歌にも取れます。

辻:サビに「Choose Rifle or Trifle」という歌詞があるんですけど、これは、Rifle(ライフル)=格好いいものを取りたいけど、Trifle(トライフル)=甘いものも手にしたい。強さを持った女の子なんだけど、女の子らしさも残していたいという言葉なんです。どちらかだけではない、どっちも欲しいという女の子の“貪欲”な気持ちですよね。

花房:作詞の大森祥子さんは「おジャ魔女どれみ」「けいおん!」などの歌を作られている方で、こうした言葉遊びがすごくお上手なんです。歌詞カードを見て、そういうところでも楽しんでもらえる歌だと思います。

辻:あとはギター、ドラムなどのバックサウンドが格好いいんですよ。とても疾走感のあるサウンドになっているので、そこも聞きどころです。

――MVではダンスにも目を引かれました。花房さんはソロダンスも披露されていて。

花房:ありがとうございます。

辻:フラワー(花房)はダンスが得意なので、今回のMVにはダンスシーンが多く取り入れてあるんですよ。

花房:ダンスは新曲のたびに激しくなってレベルが上がってきてるんですけど、踊るのは大好きなのですごく楽しいです。今回はビシッとした振り付けで、世界観にあったダンスを見せています。

辻:キレッキレですよ。

――衣装も決まっていますね。

辻:クール&ビューティーに射止めて、欲しいものは逃さない。

花房:すごいな。そういう女性になりたいよね。

――「貪欲スナイパー」にちなんで、2人が貪欲になるものを教えていただけますか?

辻:私はアニメと漫画とゲームが大好きで、欲望に忠実と言うか…。例えば好きなキャラクターができると、そのキャラのグッズや本とか、色んな物に手を出して、貪欲に収集してしまう癖がありまして…。

――それって、いわゆるオタ気質ですか?

辻:恥ずかしながら、ちょっとそうなんです(苦笑)。

花房:新しい物を買うとすぐに見せてくるんですよ(笑)。

――そういう花房さんは?

花房:私は食べる事と寝る事です。インスタ映えする可愛い食べ物もそうですし、お肉も大好きです。

辻:いやいや、それだけじゃなくてですね(笑)。フラワーはすごくお洒落さんで、女の子の流行りにとても貪欲なんですよ。私服はすごく可愛いんですよ。

――最後にお洒落というワードが出てきて良かったです(笑)。

■ 「あのキャラの声の人」と言われる代表作を掴みたい

――カップリングの「マリン・エクスプレス」は、モーションコミック「マリン・エクスプレス」(2018年春公開予定)のエンディングテーマとなっています。知らせを聞いた時はどんな気持ちになりましたか?

辻:いやもう、手塚先生と言ったら、漫画の神様じゃないですか。まさかそんな方の作品のテーマ曲を歌わせていただけるとは思ってもいなかったので、幸せな気持ちで一杯でした。

花房:本当に夢なんじゃないかと思うくらい嬉しかったんですけど、それだけ責任も重大だなって。作品の世界観を壊さないように歌わなければいけないという使命感、責任感をすごく感じました。

辻:「貪欲スナイパー」はマイナー調のクールな楽曲ですけど、「マリン・エクスプレス」は近未来的で明るいメジャー調の曲になっています。“エクスプレス”とあるようにスピード感もある曲で、歌詞も海底に電車を敷いた人たちの力を感じさせる前向きな歌なんです。

花房:聞いてくださった方たちの力になればいいなって思います。

――そして、カップリングのもう1曲が「Voice」。

辻:これはもうそのまま、私たちの「声」をテーマにした曲です。

花房:elfin'の美声を届けるための歌で、そういう意味では3曲の中で1番elfin'らしい曲だと思います。リズムは速めなんですけど、伸びやかに歌って、声を響かせています。

――モーションコミックの「マリン・エクスプレス」には声優としても出演します。こちらはどんな役柄ですか?

辻:フラワーが演じるチャッピーがボーカル兼ギターで、私が演じるルネがフルートを担当する、「マリンEX」というガールズバンドの役になります。

花房:マリン・エクスプレスの開通記念式典で歌うんですけど、その中でチャッピーがある事件に巻き込まれてしまうという…。

――その先は見てのお楽しみですね。声優としてのお仕事では、目標にしている先輩はいますか?

辻:私は事務所(青二プロダクション)の大先輩で、美声女コンテストの審査員もしてくださった野沢雅子さんです。誰が聞いても、「あ、野沢さんの声だ」と分かる方。それくらいの声優になれたらすごく幸せだなって思います。もう1人尊敬している方が、林原めぐみさんです。一度同じ現場になったことがあるんですが、その時の林原さんのお芝居に圧倒され、「声の力って何てすごいんだろう」って思わされたんです。その時は敵のボスを演じられていたんですが、心の奥底から来る憎悪に、本当に恐ろしさを感じるくらいでした。

花房:私は石塚運昇さんです。元々、私が声優を志したきっかけが海外ドラマで、「CSI:マイアミ」が大好きだったんですね。主演のデビッド・カルーソの吹き替えを石塚さんが担当されていて、その渋い声、表現の仕方に憧れを覚えたんです。私は女子ですけど、声優としては憧れの石塚さんのような、渋い男性の声も演じられるようになりたいです。

――1月からまたたくさんのアニメが始まりますが、2人が注目している作品はありますか?

辻:実は私、秋アニメの録画が溜まっていて、まだそっちを消化できていないんですよ。秋アニメだと「おそ松さん」「血界戦線 & BEYOND」にハマっていて、寝る時にはカラ松パーカーを着ています(笑)。あとは「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」もいいですね。ラノベも愛読していて、とてもメッセージ性の高い作品だと思います。

花房:私はアニメに疎くて、みゆみゆから聞いてる「おそ松さん」「血界戦線」になってしまうんです。

辻:いつもすみません(笑)。聞いてもらっちゃって。

花房:だから今年はたくさんアニメを見て、もっと勉強しなきゃなって思ってます。

――声優の仕事にも貪欲にいきたいですね。

辻:はい! アニメだけでなく、ゲームのお仕事も掴めるように頑張ります。

――2018年の始まりということで、今年の目標をお願いします。

花房:elfin'としての目標は、多くの人に私たちを知ってもらう事。アーティスト、声優、女優、モデル、タレントなど色んな活動を通してelfin'の名前を知ってもらえるように頑張っていきたいと思います。海外でパフォーマンスさせて頂く機会も増えているので、日本だけでなく、外国の方にも魅力を伝えられる豊かな表現者になりたいです。

辻:elfin'の曲をもっと知ってもらいたいし、声優としても「あのキャラの声の人だ」って言ってもらえる代表作を掴みたい。私個人としては初の主演映画(「セカイイチオイシイ水」2019年公開予定)の撮影も控えているので、そこに向けて演技をもっと磨き上げていきたいです。2018年、elfin'は貪欲に進んでいきます。(ザテレビジョン・文:鈴木康道)