マツコ「やりたくなった」ハリネズミ美容鍼に興味

写真拡大

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)。1月6日は、「ハリネズミ美容鍼」に潜入する。

今回潜入するのは、大阪にある美容鍼サロン。小顔になりたい女性に大人気で、顔に100本近い鍼を刺すことからハリネズミ美容鍼と呼ばれているそう。“じじい”こと栗原Dから「どうですか? マツコさんは小顔にこだわりとか」と聞かれたマツコは、「ねぇよ。私がそんな美意識が高いように見える?」と回答。院長によると、小顔になるだけでなくほうれい線も目立たなくなるということで、芸能人がCMの撮影前などのここぞという時に訪れていることが明らかに。

これを聞いたマツコは「やってんだね〜みんな。先生のサロン行こうかな」「いや別に私小顔は目指してないから、もうね。ただほうれい線は、やっぱ長時間収録してると埋まってくるのよ、ファンデが。今あれ見たらちょっとやりたくなってきちゃった」と語り、ほうれい線を気にしていることが判明する。実際にその効果を求め福井県から通っているという女性もいるほどで、やはり美を求めるセレブがこぞって訪れているよう。

そんな鍼灸院の院長だが、もともとはボクシングや空手の選手が顔を殴られた際の治療を行っていたそうで、フィリピン出身で6階級制覇を果たした偉大なボクサー、マニー・パッキャオも担当したことがあるという。そこで、院長が行った治療のビフォーアフターを紹介することに。オンエアでは、その技術だけでなく、クラブ経営者の女性や旦那が馬主の奥様など、常連客のセレブリティぶりにも注目が集まりそうだ。