マレーが「全豪オープン」を欠場し、臀部の故障からの回復が間に合わず

写真拡大

臀部の怪我などを理由にツアーを離脱していたアンディ・マレー(イギリス)が「全豪オープン」を欠場することを、明らかにした。ATP(男子プロテニス協会)の公式サイトが明らかにした。

マレーは、2018年1月1日時点のランキングで、16位で、元世界ナンバーワン。2017年の「ウィンブルドン」の準々決勝を最後に、昨シーズンは故障で大会には出場しておらず、復帰が期待されていた。

その中で今回、同選手は、2018年の「全豪オープン」への復帰も間に合わせられない様子で、復帰時期の不透明感も増した。

マレーはかねより、「ブリスベン国際」でツアーへの復帰を予定していたものの、欠場をこのほど公表。直後に「全豪オープン」を欠場することも発表された格好だ。

また、同選手は、「悲しいことに今年はメルボルンでプレーしないでしょう、まだ戦う準備ができていません。本国にすぐ戻って全ての意見を検討しますが、すべての応援メッセージに感謝しています。またすぐプレーできることを望んでいます」と語ったと、ATPは伝えている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2016年の「デビスカップ」でのアンディ・マレー
(Photo by Jordan Mansfield/Getty Images for LTA)