大地真央「“香り”や“ニュアンス”を表現したい」女王・越路吹雪として華麗にステージへ

写真拡大

圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪。彼女の波乱に満ちた生涯を描く、帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月〜金、12:30〜※BS朝日<再放送>毎週月〜金、7:40〜)が、1月8日(月)からスタートするが、このほど、ヒロインの絶頂期を演じる大地真央が首都圏の劇場にてクランクイン。シャンソンの名曲であり、越路吹雪の代表曲である「愛の讃歌」を熱唱した。

本作は、昭和の歌姫・越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”がたどった波乱万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を綴っていくドラマ。“落ちこぼれ”といわれた宝塚時代、生涯の友・時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が新しい歌の世界を切り拓き、二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡が描かれる。昭和という激動の時代を背景に、誰もが耳にしたことのある名曲の数々をちりばめながら、華やかなるものの“光と影”を紡いでいく。そんな越路の青年期を瀧本美織、絶頂期を大地が演じることでも早くも注目を集めている。

大地のクランクインは、越路のリサイタルのシーンから。実は、大スターでありながら、毎回、ステージに立つ直前まで緊張に震えていたという越路。いつの頃からか、マネージャーの岩谷に背中に指で「虎」の字を書いてもらい、「あなたは虎、お客様は猫」と背中を3回叩いてもらうのが、お決まりで、そうしてもらうことで、ついさっきまで震えていたのが嘘のように、越路の背筋がスッと伸び、舞台へと向かうその顔は舞台の女王のものとなったのだとか……。大地はそんな越路の“繊細さ”と“大胆さ”を象徴するシーンに、撮影初日にして挑んだ。

黒のゴージャスなドレスを身にまとってステージに現れた大地は、舞台脇で岩谷役の市毛良枝に背中を押され、意を決してステージへ。ピンスポットが当たると、スッとシャンソンの女王らしく「愛の讃歌」を堂々と歌い上げた。その熱演に、スタッフや記者からは「鳥肌が立った!」と感動の声が上がっていた。もともと、宝塚時代からシャンソンとあまり縁がなく、「シャンソンは60歳ぐらいのある程度年齢と経験を積んでから歌うものだと勝手に決めていたのですが、ちょうどその時期がドンピシャで訪れて驚いています! 私にとって新たなチャレンジですね」と語っていた大地。今回、越路吹雪として「愛の讃歌」を熱唱するという“念願”の挑戦を終え、「越路さんは演じるように歌われるので、単なるものまねではなく、“香り”や“ニュアンス”を表現したいと思い、越路さんが歌っていらしたキーのままで歌いました」と、その心境を告白した。「私自身、舞台で育ってきたので、実は、劇場はホッとする空間。一言では言い表せないくらい緊張もしましたが、クランクインの場所が劇場だったことで、ちょっとした安心感もありました。越路さんの“思い”を無理なく込めて演じることができたと思います」と撮影初日を笑顔で終えた。そんな大地による「愛の讃歌」の熱唱シーンは、第1話冒頭に登場。どんなシーンに仕上がっているのか、注目が集まる。