第1シードのチリッチが64分のスピード決着で準決勝に進出[チェンナイ・オープン]

写真拡大

マリン・チリッチ(クロアチア)は4日、「タタ・オープン・マハラシュトラ」の準々決勝で、ピエール ユーグ・エルベール(フランス)を6-3、6-2で下し、準決勝に進出した。試合時間は64分のスピード決着だった。

同試合で、チリッチは7本のサービスエースを決め、ファーストサービスで失ったポイントをわずか1ポイントに抑え、短時間で決着をつけた格好だ。

インドのチェンナイで行われる同大会での3回目の優勝を目指す世界ランク6位のチリッチ は、予選を勝ち上がったリカルド・オヘダ・ララ(スペイン)を6-2、6-3で下したジル・シモン(フランス)と準決勝で対戦する。

第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)は1セットのリードを許したあと、6-7(3)、6-4、6-2の逆転でミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を破った。

アンダーソンは準決勝で、準々決勝でロビン・ハッサ(ドイツ)との激戦を7-5、2-6、6-3で制したブノワ・ペール(フランス)と対戦する予定だ。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は「上海ロレックス・マスターズ」でのチリッチ
(Photo by Lintao Zhang/Getty Images)