フランスでベストセラー!世界22ヵ国で翻訳! なぜ人は猫を見ると話しかけたくなるのか、という謎が解けた!

写真拡大

多数の仏メディアで話題となった全仏ベストセラー
世界22ヵ国で翻訳された猫に教わる人生指南書の日本語版『猫はためらわずにノンと言う』がこのたび遂に刊行された。
他人の目は気にせず、決して媚びず、欲しいものは欲しいと言い、プレッシャーに屈せず、エレガントで自信に満ち、ひとりでも平気……子猫の時に事故にあい、左前足を失くした猫ジギーが、そんなハンディキャップをものともせず、むしろ「それが何か?」と気にもかけずに振る舞う姿は、常に他人の目を気にして、何かに追い立てられ、せわしく動きまわっている人間たちに、自分らしく生きるために本当に必要なことは何かを伝える本書から、一部抜粋して紹介する。
猫を飼っている人、猫好きな人だけでなく、猫のように、そこにいるだけで自然と一目置かれる存在になりたい人にも役に立つ!
何気なく見ていた猫たちの日常の仕草には、猫だけが知る深い人生哲学が込められていた!明日から、猫を見る目が変わります。

猫がカウンセラーよりも優秀な理由とは?

この世で唯一私を理解してくれるのは、うちの猫だ。
(ディアヌ・ゴンチエ/作家)

 猫を飼っている人にならわかってもらえるだろうが、猫と暮らしていると、知らず知らずのうちに猫に話しかけてしまうことがある。
 そんな時、猫は必ずあなたの話にじっと耳を傾けてくれる。

 人間はこんなにも共感のまなざしをもって他人の話を聞けるだろうか。こんなにも他人を思いやれるだろうか。
この点でも人間は、猫の足元にも及ばないと認めざるを得ない。

 人間はその人のために本当に役に立ちたいと思っていても、自分の問題に手いっぱいになっている時は、どうしても自分の気持ちが先に立ってしまう。他人の立場に立って真剣に話を聞いてあげることなんて、なかなかできない。

 でも、猫は違う。
 いつも私たちを見守っていて、何も言わなくても私たちの苦しい心の内をよくわかり、安心していいんだと言ってくれているように見える。
 人間の心理カウンセラーは、黙って患者の話を聞く。しかし猫は、ただうなずいて話を聞いているだけのカウンセラーなんかよりもっと、私たちの悩みを理解してくれているように思える。
 そして、そのまなざしで「大丈夫、それも過ぎ去っていくから」と繰り返し、私たちの心のすきまを埋めていってくれるようだ。

 相手の話を、相手の気持ちになって聞く。
 この点でも私たちは、一から猫に学ばなければならない。私たちは自分のことだけで余裕がなくなり、他人へ差し伸べる手、傾ける耳をもてないことがよくある。
 人の話を真剣に聞く時、私たちはそうとは知らず、与えるものと同じくらいの恩恵を相手からも受け取っているものなのだ。

話を聞いてもらいたかったら、
まず人の話に
じっと耳を傾けることができなければ。

自分のために何かを受け取るには、
相手に与えることができないとね。