画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●AI対応チップを何を生むか

「iPhone X」の予約殺到するなど、iPhoneの圧倒的人気を再確認させられた2017年のスマートフォン市場。では今年、スマートフォン市場には変化が訪れると考えられるだろうか。注目すべきポイントは「AI」「キャリア」そして「中国メーカー」だ。

○AI対応チップセットの広まりが何を生み出すか

2017年のスマートフォン端末の動向を振り返ると、やはり「iPhone X」の圧勝という印象が強いのではないだろうか。ホームボタンを排し、前面を5.8インチの有機ELディスプレイが覆うという新しいデザインに加え、人工知能(AI)関連の処理を高速にこなす新しいチップセット「A11 Bionic」の搭載によって、精度の高い顔認証システム「Face ID」を実現。従来のiPhoneとは大きく異なる新機軸を打ち出したことで、iPhone Xは発表直後から大きな注目を集めた。

その予約開始直後には、iPhone Xを購入したいユーザーがApple Storeやキャリアの予約サイトに殺到し、発売直後から1ヶ月以上待たされる事態となった。また当初の販売数が少ないことを受け、アップルがiPhone XのApple Store店頭での販売を実施したことから、Apple Storeの各店舗には久しぶりに長蛇の列が現れる事態となった。

日本はiPhone人気が突出して高い国ではあるものの、昨年はiPhone Xの登場によってその人気ぶりを改めて認識させられたといえるだろう。順当にいけば今年には、iPhone Xに搭載された要素が普及価格帯のモデルにも採用されると考えられ、iPhone人気は一層盤石なものとなる可能性が高い。

だがスマートフォンの進化という意味でいうと、iPhone Xが搭載したA11 Bionicのように、AI関連処理の高速化に力を入れたチップセットの活用が、今年は大きな注目を集めると考えられそうだ。同種の仕組みを備えたチップセットは、ファーウェイが「Kirin 970」で既に開発しており、日本でもそれを搭載した「HUAWEI Mate10 Pro」を昨年末に発売している。だがずれも自社スマートフォンへの搭載を前提とした独自のチップセットであったため、AIの活用が他のメーカーへは広がりにくかった。

しかし昨年12月に、クアルコムがAI処理の高速化に力を入れたチップセット「Snapdragon 845」を発表している。クアルコムのチップセットは多くのスマートフォンメーカーに採用されているだけに、今年は多くのメーカーのフラッグシップモデルに、AI処理に長けたチップセットが搭載されるだろう。

そうなると注目されるのが、端末側でのAI処理が強化されたことで、どのような機能を実現してくるかということ。AI関連の処理は顔認証だけでなくさまざまな用途に用いられることが考えられるだけに、各メーカーがそれを生かしてどのような新機能を搭載してくるかに、大きな注目が集まるところだ。

●キャリア主導のスマホへの期待

○キャリア主導モデルがスマートフォンの形を変える?

スマートフォンの進化という意味でもう1つ、注目すべきはキャリアの動向だ。昨年10月に、NTTドコモが2画面ディスプレイを搭載したオリジナルモデル「M」を発表したことが大きな話題となったが、今年は一層、キャリアがオリジナルモデルの開発に力を入れる流れが拡大すると考えられるからだ。

実はNTTドコモは、昨年発表した冬春商戦向けモデル11機種のうち、オリジナルモデルが5機種と、約半数を占めるに至っている。その理由は、端末の開発がメーカー主導となり、各キャリア共に同じ端末を取り扱うようになったため、端末によるキャリア間の差異化ができなくなってきたとNTTドコモが考えたことにある。

しかも端末メーカーは、売上を最大化するため消費者のニーズに応える売れ筋のモデルの開発には力を入れるが、新しいコンセプトやデザインの端末の開発は、販売数が読めないためリスクが大きく、あまり積極的に取り組みたがらない。そうしたことから現在のスマートフォンは、基本的には“薄くて大きい板”をひたすら追求し続けるのみとなっており、それが端末の閉塞感をも生み出している。

そこで登場するのがキャリアだ。かつてのフィーチャーフォンのように、キャリアが自ら主導して端末を開発し、メーカーに製造してもらった製品を買い上げてリスクを担保することにより、意欲的な要素を備えた新しいスタイルの端末を提供するという取り組みが広がれば、そうした端末進化の閉塞感を打開する鍵の1つとなる可能性が高い。

こうしたキャリアの端末開発手法はかつて、キャリアがメーカーを縛る要因になるとして大きな批判を集めた。だがスマートフォンの進化に停滞感が漂っている現在、キャリアがリスクを取って新たなチャレンジをすることは、重要な意味を持つのではないかと筆者は考える。キャリア主導モデルの広がりを見る上でも、まずは今年発売予定の「M」をはじめとした、NTTドコモのオリジナルモデルの動向を追っていく必要があるだろう。

●中国メーカーの動向に注目

○世界第4位の中国メーカーが日本参入か

最後に、今年の日本のスマートフォン市場に大きな変化をもたらす可能性が高いと見られるのが、中国メーカーの動向である。確かにここ数年来、特にSIMフリースマートフォン市場の開拓が進んで以降、中国のスマートフォンメーカーは躍進を続けているというのは多くの人がご存じの通りだ。

実際ファーウェイは、フラッグシップモデルから低価格モデルまで幅広いラインアップを揃えることで販売を拡大。昨年にはSIMフリー市場でのトップシェアを確固なものとしている。またZTEは、NTTドコモとの協業によって「MONO」「M」などの製造を受けることでキャリア向けのスマートフォン製造を手掛けるようになり、販売を大きく伸ばしたと見られている。

そして今年注目される動向の1つは、ファーウェイがキャリア向け市場に進出できるかどうかである。というのも昨年、ファーウェイの関係者に取材した際、SIMフリーに限らず幅広い市場開拓を進める旨の発言や、今年発売される新機種でより日本人に適したモデルを提供する旨の発言を何度か耳にしているからだ。

ファーウェイはWi-Fiルーターなどでキャリアとの接点は以前から持っているし、国内でもSIMフリー市場で大きな実績を収めている。さらに昨年末に発売されたMate10 Proでは、耐水・防塵性能への対応も実現しており、日本向けで対応していない大きな機能はFeliCaのみという状況だ。裏を返せばそうした部分に対応できさえすれば、ファーウェイ製のスマートフォンが大手キャリアから登場しても何らおかしくない状況となっているだけに、今年それが実現するのかどうかは1つの注目ポイントとなるだろう。

そしてもう1つは、新たな中国メーカーの日本市場参入だ。実は昨年11月頃、中国のスマートフォンメーカー大手であるOppoが、求人サイトに日本法人を設立し、スタッフを募集していることが明らかとなり、業界関係者の間で話題となったのである。Oppoは既に日本語のWebサイトも用意していることから、日本進出に向けて何らかの動きを見せていることは確かなようだ。

Oppoはファーウェイに次ぐ世界第4位のスマートフォンメーカーであり、性能はミドルからミドルハイクラスながらも、自分撮り用のインカメラの画質を向上させたり、急速充電機能を強化したりするなど、ユーザーニーズに徹底して答えたスマートフォンを提供して人気を獲得。さらに大規模なプロモーション展開などを実施することで、中国や新興国での販売を急拡大させている。

そのOppoがどのような形で日本市場進出を果たすのかは、現時点では分からない。だが世界規模で販売力を持つ企業だけに、市場に一定の影響を与える可能性は高いだろう。Oppoの進出、そしてそれによって日本市場にどのような変化がもたらされるのかに、注目しておくべきだろう。