「諭吉」が恋しい人は「地位財」という言葉を知ると貯金できるようになるかもしれない(写真:YUJI/PIXTA)

あけましておめでとうございます。

2017年は、6年連続となる株価上昇の年であり、日経平均株価で見た上昇率は約19%と、2割に近かった。機関投資家が、運用計画を作る際に国内株式に対して期待リターンは5%程度だから、4年分くらいのリターンが実現したことになる。多くの投資家にとって、「いい年」だっただろう。また、1月4日の大発会も景気良くスタートした。

さて、2018年の相場は……、と続けたいところだが、今回は少々話題を変えてみる。筆者は日頃、おカネをどう運用して増やしたらいいかについて書くことが多いのだが、今回はおカネの「使い方」について考えてみたい。

「地位財」におカネを使いすぎていないか?


この連載の記事はこちら

個人のおカネの問題は、(1)よく稼ぎ、(2)計画的に貯めて、(3)正しく運用し、(4)計画的に取り崩す、シンプルな手順で解決できるのだが、意外に難しいのが、運用の前提になるおカネを計画的に「貯める」プロセスだ。

おカネを「貯める」ことは、おカネを「使う」ことと裏腹の関係にある。つまり、稼いだおカネを、現在の消費と将来の消費のための備えに振り分けることなのだが、おカネの使い方を自分でコントロールすることが意外に難しいことは、多くの読者が感じているところではないだろうか。

おカネを使い過ぎてしまう理由は、人間の近視眼的な時間選好(すぐに実現できるものを過大評価する傾向)など、複数あるが、重要なものの一つが、「地位財」への過大支出だ。

筆者が、「地位財」の概念を知ったのは、経済学者ロバート・H・フランク『幸せとお金の経済学』(金森重樹監訳、フォレスト出版)でだが、地位財とは、たとえば家や自動車、着る物、子どもの教育のように、「持ち主」の社会的な地位の表現と深く結びついている財のことで、これに対する支出を抑えることが、できそうに思えても、なかなか難しい(誰にとっても、だ)。

フランクによると、超大金持ち層が地位財の支出を増やすと、それに続くグループが「置いていかれまい」として地位財の支出を増やし、さらにその次のグループも地位財の支出を増やし、……といった連鎖が起こり、その帰結として、中間層以下の生活者への非地位財(たとえば「余暇」)への支出が圧迫されて、多くの人の幸福度が低下する現象が起こるのだという。

競争から「意識的に降りる戦略」を持とう

フランクは、消費行動の分析におけるJ・S・デューゼンベリーの功績を高く評価している。デューゼンベリーは、低所得者の貯蓄率が低いことに関して「他の人たちの支出が増えれば、無理して追いつこうとするから」だという。

たとえば、就職の面接にあって高級なリクルートスーツが有効だとしよう。おカネ持ちのご子息様が、高いリクルートスーツで面接に臨むとするなら、おカネ持ちでない家の子どもたちも競争上スーツのグレードを上げざるをえないし、そうなると、貧困家庭の苦学生もリクルートスーツに余計に支出せざるをえない。

ちなみに、皆が同じくらいグレードを上げたスーツを着て面接に臨むなら、スーツへの支出は全体で増えているが、一人ひとりにとっての効果は以前と変わらない。皆でリクルートスーツのグレードを下げる同盟を成立させたり、あるいは、「高いスーツは無能の証明だ」といった世論を作ったりできると面白いが、そうはいかないのが世の常だ。

地位財に関する、この種の競争は、意識しない物についても方々に張り巡らされている。簡単ではないが、この種の競争の幾つかから、意識的に「降りる」戦略を持つことができると、同じ支出に対して幸福度を上げながら、必要な貯蓄が確保できる。もちろん、貯蓄は、「残ったら貯める」ではなく、計画的に「先取りして貯める」方式で行うのが正しい。

さて、「地位財を意識的に無視せよ」と言っておきながら、筆者は傾向的に浪費家であり、おそらく地位財に経済的な実力以上に支出している実感がある。

昨年のクリスマスには、息子のスマートフォンを買うついでに、自分もiPhone 召鯒磴辰拭実用的には、前の機種で何の問題もなかったことは言うまでもない。

読者の多くがご承知だろうがiPhone 召牢蘿Ь擇妊蹈奪を解除できる。この機能は実用的に便利なのだが、「こいつは俺のことを見ているな」という実感が湧いて、少なからず気持ちが悪い。

今のところ、アップルにとってもその他の業者にとっても、自分は取るに足らない存在だから興味の対象ではないと思うので、大して気にしないが、誰かが自分の行動を追おうと思った時に、詳細な顔データがすでにネット上に存在することは意識しておくべきなのだろう。

家の中には「オーケー、グーグル」と呼び掛けるとさまざまな問いに反応するグーグルホームのスピーカーもあり、「こいつは、いつも聞き耳を立てているのだな」と(時々)思う。昔の諺に言う「壁に耳あり、障子に目あり」である。

ネットを見ていると、自分がたまたま検索した商品やそれに関連する商品の広告が頻繁に出てくることを意識する人が少なくないだろうし、ネット書店のお勧めメールから本を買ってしまったりすることが少なくないし、時には便利でもあるのだが、こうした「外からの刺激」に購買行動と支出が影響を受けていることは否めない。

他人の勧めを疑う「経済的反射神経」を持て

世間を見ると、検索エンジン、SNS、ネット通販、家計簿ソフト、金融機関など数え切れないほどのビジネスの主体が個人の購買行動の履歴をデータとして持って、これを経済価値に変えようとしていることがわかる。

個人の支出のデータを誰が持つかは重要な問題だ。たとえば、中央銀行がデジタル通貨を発行して、これを個人・法人間で直接やり取りできるようになると、銀行は中抜きされて、決済のデータを失い、経済的なパワーの源泉を大いに失うだろう。さりとて、中央銀行が、銀行フレンドリーなユーザーにとって余計なコストの掛かるデジタル通貨に進むなら、民間(や外国政府?)が提供するより便利なデジタル通貨に、法定通貨が駆逐される可能性がある。今後のビジネスを見るうえで「個人の支出のデータを誰が持つのか?」が決定的に重要だ。

一方、個人の側では、自分の目の前に現れる「お勧め」を意識的に疑うような習慣が、言わば経済的反射神経の一つとして必要になる。

地位財からも、お勧めからも、世界はあなたの支出行動に影響を与えようとしている。完全に主体的であることは多分不可能だし、快適でもないだろうが、外界が自分の購買行動に与えている影響に対して意識的であることが有益だ。

ここからは競馬の話だ。新春恒例のレース、金杯(中山競馬場、京都競馬場の双方で開催される)を気持ちよく勝って1年をスタートしたい。中山金杯(6日中山競馬場11R、G3)のほうを予想しよう。

厳冬期なので例年超一流どころは出走しないが、今年は4歳を中心にまずまずのメンバーが揃った。中山の距離2000mのレースだから、2017年末に行われた2歳馬対象の新G1、ホープフルステークス(勝ち馬はタイムフライヤー、勝ち時計は2分1秒4、上がり35秒5)とのレベル比較ができる点でも注目したい。今年のメンバーなら2分を切るタイムが期待できるのではないか。

中山金杯の「頭」はセダブリランテスで堅そうだ

頭は、セダブリランテス(牡・4歳)でかなり堅いのではないか。前走で、4走目にして初めて土が着いたが、世代トップクラスの実力馬スワーヴリチャードに、同馬得意の府中コースで3着に負けたもので、休み明けでもあった。実力は十分示した。しかも、前走敗れたことで、ハンデが55キロに抑えられた。中山金杯は重ハンデ馬の活躍が目立つレースだが、ハンデは軽いに越したことはない。

冬の中山に強いステイゴールド産駒のウインブライトが対抗だ。スプリングSを勝っており、中山コースの適性も示している。

4歳世代では、同コース・距離の弥生賞勝ちがあるカデナが気になるが、この弥生賞はレース・レベルが高くなかったし、近走がいずれも冴えないので見送る。すでに8歳になりこの時期に走るのはご苦労なことだが、4歳2頭が、先行するマイネルミラノを捉える展開を中心に考えて、追い込みのデニムアンドルビーを単穴に抜擢する。

前残りの展開でのマイネルミラノ、56キログラムにハンデがとどまったブラックバゴが押さえだ。