【詳細】他の写真はこちら

メ〜テレ(名古屋テレビ放送)開局55周年記念番組 メ〜テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』が、1月15日から放送スタートする。

松井玲奈主演で、名古屋の冬の風物詩としてすっかり定着した『名古屋行き最終列車』も、今作で第6弾。これまでも出演していた六角精児、大杉漣ら豪華俳優陣に加え、AAAの宇野実彩子が初出演を果たし、BOYS AND MENの小林豊が初の主役に抜擢! 物語にあらたな風を吹き込む。

■素敵な歌姫が『名古屋行き』にやって来る

AAAのボーカル宇野実彩子が電撃参戦。六角精児の恋(?)のお相手を演じる。そしてなぜか関太(タイムマシーン3号)と三角関係になるという、音楽界を敵に回すような展開に。

3人とも食いしん坊の設定。3人で実在の名古屋めしを巡り、食べまくる。地元のソウルフードが多数登場するのでお楽しみに!

■ボイメン・小林豊、ついに主役を掴む

名古屋を中心に活躍する小林豊(BOYS AND MEN)は、4作目となる今作も本人役として出演。しかも主役! しかもほぼひとり芝居! という難役を演じる。

小林がたまたま手にする落し物の携帯電話。それによって否応なしに他人の人生に巻き込まれてしまう。窮地をチャンスに変える小林の人間力が感動を呼ぶ。

■主演の松井玲奈の出演回にも豪華ゲストが登場

愛知県出身の渡辺いっけいは、初の地元でのドラマ撮影。赤丸急上昇中の若手実力派俳優・矢本悠馬と、高校の教師と生徒の役回りで出演。「卓球」と「卒業」をテーマにして描かれるふたりの関係に、松井演じる一美が密着取材をする。

なお、松井玲奈は10話中3話に出演し、最終回でシリーズをきっちり締める役どころとなる。

魅力溢れるキャストが集結した『名古屋行き最終列車2018』。そして実は、 さらなる “サプライズ出演者”も予定されているとのこと。その出演は……第2話の放送を終えてから発表。お見逃しなく!

■松井玲奈 コメント

『名古屋行き最終列車』6年目になりました。

そして、 今回は1クールのドラマとして放送することになったので、自分のお話も含めて、他のお話がどういう風にドラマとして作られていくのか、すごく楽しみに思っています。

『名古屋行き最終列車』の主人公である吉川一美は、私が20歳のときから演じています。

いろんなものが入れ替わったり、詐欺に遭ったり、これまでゴタゴタに巻き込まれてきた一美が、今回からは人の人生に介入していく存在となります。

具体的には“インタビュアー”になるんです。

最終列車に乗っている人たちのいろんな話や悩みを聞いて、 それをどうにかして解決しようとする役どころです。

巻き込まれる側から、 人を巻き込んでいく側、つまり受動態から能動態に変わるっていうところが、 一美の成長になっています。

小さな一歩かもしれないですけど、その成長が見ている人にも伝わったら嬉しいです。

■宇野実彩子(AAA) コメント

名古屋へはAAAのライブで何度も来ていましたが、 ドラマ撮影では初めてだったのでドキドキしていました。

でも、 六角さんが現場で和ませてくれて、 のびのびと楽しく演じることができました。

今回、 私はトレーニングジムのインストラクター役を演じます。

ジムの生徒役は六角精児さんと関太さんです。

ロケでいろいろなお店に行って、 この地域独特の空気感と料理を楽しみました。

六角さんと関さんが並んでいるお食事シーンは和みます。

ご飯はゆっくりおいしく食べることができました(笑)。

観た人はきっと行きたくなると思います。 ぜひ観てくださいね!

■小林豊(BOYS AND MEN)コメント

いつもは本人役で、ひょいと出て物語に参加していましたけど、今回は主人公として出させていただきます。「ようやく」ですよね、監督(笑)。名古屋の代表として、どんどん成長できているのかなっていう実感と、すごくアットホームなドラマなので、この作品に出演できてうれしく思っています。

僕がひとり芝居をする場面が多いお話なので、表情・しぐさ・声音の変化など、小林豊の魅力を存分に堪能していただけたら、と思っています。

そして、この作品で、小林豊=スパゲッティになります(笑)。

番組情報



開局55周年記念番組 メ〜テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』

毎週月曜 24:20〜24:50

※2018年1月15日(月)スタート

放送エリア:東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)

出演者:松井玲奈 六角精児

大杉漣 吹越満 松下由樹

石野真子 野間口徹 今野浩喜 関太(タイムマシーン3号) 小林豊(BOYS AND MEN) 波岡一喜 黒川芽以 宮崎香蓮 谷花音

<2018新規出演者!>宇野実彩子(AAA) 堀内敬子 矢本悠馬 内山信二 中村静香 佐戸井けん太 渡辺いっけい

※「宮崎香蓮」の「崎」は、たつさきが正式表記。

番組サイト

https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2018/