式守伊之助

写真拡大

 日本相撲協会は5日、立行司の式守伊之助(58)=本名・野内五雄、宮城野部屋=が昨年12月の冬巡業中に若手行司へセクハラ行為を行っていたと発表した。

 協会によると、セクハラ行為があったのは、冬巡業の宜野湾場所初日となった昨年12月16日。巡業先のホテル内で夕食中に泥酔した伊之助が、部屋まで伊之助を送っていった10代の若手行司に対し、唇や胸部に触れるなどの行為を行ったという。

 行司会監督の幕内行司が行為事実の概要を知り、この日夕に協会に報告した。

 危機管理委員会が調査したところ、事実であることを確認。被害者の若手行司はショックを受けており、伊之助に謝罪を求めたといい、伊之助は「泥酔していたので、覚えてない」「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのかわからない」などと話したものの、自らの行為は認めて謝罪したという。

 協会によると、被害者の行司に処罰を求める意向はなく、警察に被害届を出す考えもないという。しかし、伊之助が立行司として行司全体を指導し、管理する立場にあることから、協会は臨時理事会を開き、懲戒処分を検討する方針としている。