“涙のち笑顔”の監督に率いられ矢板中央4強へ 好相性の埼玉で流経大柏にリベンジなるか

写真拡大

日本文理に1-0で勝利し、栃木県勢として2年連続のベスト4進出

 第96回全国高校サッカー選手権大会は5日に準々決勝4試合が行われ、浦和駒場スタジアムでは矢板中央(栃木)が初出場の日本文理(新潟)を1-0で下し、第88回大会以来8年ぶり2度目の準決勝進出を果たした。

 栃木県勢は前回大会の佐野日大に続き、2年連続でベスト4へ進んだ。

 タイムアップの笛が鳴った瞬間、高橋健二監督はコーチらと握手を交わした後、帝京(東京)を最多6度の優勝に導いたアドバイザーの小沼貞雄氏とがっちり手を握り合った。

 初戦の2回戦が3-2、続く3回戦が1-0でこの日も1-0という持久戦を制したとあり、高橋監督は「ここまですべて1点差。厳しい時間もあったが、よく耐えてゼロに抑えてくれた」と喜んだ。3回戦では記者会見の途中で感極まって涙を流したが、この日は4強進出とあって軽口も飛び出すなど、終始笑顔で受け答えした。

 ベンチはいつもより早く動いた。前半35分、FW望月謙に代えてFW大塚尋斗を投入。これがズバリ的中する。この1分後、大塚が中央から運んで強シュート、これは日本文理GK相澤ピーターコアミが左足に当てていったん防御したが、こぼれ球を快足MF山下純平が押し込んで先制した。

 しかし、なかなか追加点を奪えず、指揮官が指摘した通り、特に後半の終盤は難しい時間帯が続いた。日本文理のMF古木雄大が次から次へと放り込むロングスローに苦戦。後半36分にDF吉田元樹が絶妙のタイミングで合わせたが、キックミスに助けられた。

高橋監督、敵将は「憧れの名将ですから」

 3回戦でセンターバック(CB)のDF白井陽貴が負傷。代わってCBを務めた主将のMF稲見哲行は「あのロングスローはビデオで分析したが、いろんな動きをしてきたのでマークしにくかった」と脅威になったことを打ち明けた。本来はボランチで2試合連続得点中とあり、「ゴールを取ればチームへの貢献度はより大きいのですが、無失点に抑えることも同じだと思うのでゼロはうれしい」と、大黒柱らしい言葉で振り返った。

 守備の中心が稲見なら、攻撃でのヒーローは虎の子の1点を奪った山下だ。栃木県予選はベンチ入りしたものの、1試合も出場できなかった。それが12月初めになって高橋監督の目に留まり、大舞台を迎えていきなり先発で起用され、3戦目で結果を出した。

 人前で話すのが大の苦手という2年生は、「課題だった守備を頑張ったからだと思います。50メートルはチーム2位の5秒9、スピードには自信があるので、あの場面はこぼれてくると信じて狙っていた。インタビューされたことがないので……」と、はにかむ表情が初々しかった。

 準決勝の相手は今夏の高校総体王者、流通経済大柏(千葉)だ。3年前は2回戦でぶつかりPK戦で敗れた。高橋監督は「本田(裕一郎)監督は憧れの名将ですから」と謙遜しながらも、前回出場時までに浦和駒場スタジアムなどで5連勝し、今回もNACK5スタジアムなど埼玉会場で3連勝。次も埼玉スタジアムと験のいい土地柄だけに、秘める闘志は相当なものだ。

【了】

河野 正●文 text by Tadashi Kawano

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web