『1月5日はなんの日?』マリリン・マンソンの誕生日、まもなく最新ツアーも再開

写真拡大

 1月5日は独自の哲学と世界観に基づいた過激なサウンド&パフォーマンスで異彩を放ち続けるボーカリスト、マリリン・マンソンの49歳の誕生日。

 マリリン・マンソンは1969年1月5日、アメリカ・オハイオ州生まれ。1994年にデビューを果たし、これまでに『メカニカル・アニマルズ』(1998年)、『ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク』(2003年)2アルバムで全米No.1を獲得、その強烈な個性とともに絶対的な地位を築いた。日本でもマンソンの人気は非常に高く、サウンド面はもちろん奇抜なメイクやファッション、ステージ・パフォーマンスも日本の多くのビジュアル系バンドに影響を与えた。また、親日家としても知られているマンソンはコンスタントに来日公演もおこなっており、昨年もスリップノット主催のフェス【ノットフェス・ジャパン2016】のために来日している。

 昨年は9月におこなわれたニューヨーク公演にて、倒壊したセットの下敷きになり緊急搬送されるという事故に見舞われたマンソン。療養のためツアー9公演がキャンセルとなったが、10月には10枚目となるスタジオ・アルバム『ヘヴン・アップサイド・ダウン』をリリース、11月には無事ステージに復帰を果たしている。マンソンは1月10日の米アリゾナ・フェニックス公演よりツアーを再開。全米に続き、ヨーロッパを回るスケジュールとなっている。