初詣客が絶えることなく訪れる1月5日(金)乃木神社。この神聖な場所で毎年恒例となる「乃木坂46 新成人メンバー成人式」が執り行われた。

今年の新成人メンバーは、川後陽菜・相楽伊織・佐藤楓・樋口日奈・星野みなみ・山崎怜菜の6人。14歳でデビューシングル『ぐるぐるカーテン』フロントメンバーを努めた星野みなみを排出した世代だけに注目度は高い。

6人が艶やかな振袖姿で鳥居をくぐると、境内の報道陣からは自然と歓声や拍手が湧いた。そのまま本殿でご祈祷を済ませると、絵馬に今年の抱負をしたためたメンバーが再び報道陣の前に。

やはり気になる新成人として解禁になる“お酒”について問われると、佐藤楓は「お酒には興味がないのですが、BARに行ってみたい」、山崎怜菜は「お正月にタイで薦められて買ってきたお酒をお父さんと飲みたい」、相楽伊織は「日本酒を飲んでみたい。屋台や下町なんかっで上品に飲んでみたい」、川後陽菜は「お父さんもお母さんもお酒が強いので、きっと私も強いと思います。芋焼酎をのみたいです」と語り、樋口日奈も「大人の女性として日本酒をカッコよく飲んでみたい」とし、星野みなみは「飲むとうるさくなりそうって良く言われますが、たくさん飲めるようになったらいいな」とその思いを語ってくれた。

お酒トークからも各々が個性豊かなこの世代について、樋口は「いい意味でバラバラです」とその特徴を説明し、今年の新成人世代に名前をつけるとするならば「色とりどり世代」とまとまりかけたのだが…、星野が「白石超え目指すぞ世代」と切り込み会場を沸かせた。

この「白石超え目指すぞ世代」を代表する星野は、自身の写真集についての意気込みを問われると、「憧れの白石麻衣さんを超えられるように頑張ります!」と気合い充分に語ってくれた。

このまま今年は「見ててハッピーになってもらえるくらいハッピーオーラが出せるようになりたい」という川後が、憧れのブルゾンちえみ風に振り向きざまでセクシーな決め台詞をという流れになったのだが…。うっかり「35億」といつもの調子で回答してしまい、見事な爆笑とハッピーオーラで締めくくってくれた。

新年早々何かを巻き起こしてくれそうな今年新成人の「白石超え目指すぞ世代」。一人ひとりの活動からも目が離せそうにない。