冬のデートにかかせないマフラー。ぐるっと巻くだけで女性をかわいく演出してくれるうれしい存在です。でも、巻くことで髪型が崩れたり、髪に変なクセがついたりもしませんか。そこで今回は、マフラーに合う簡単ハーフアップアレンジをご紹介します。マフラーを外してもかわいいヘアだから、新年早々彼がドキリとすること間違いなし!

写真・大嶋千尋 ヘアメイク・高松由佳 文・玉絵ゆきの

マフラーを外してもかわいいハーフアップ

うしろ姿がとってもかわいいこのヘアアレンジ。手が凝っているように見えますが、三つ編みをひとつに結び、くるっと巻いてピンで留めているだけ。マフラーをしても隠れず、マフラーを外すと王道モテのハーフアップがお目見えする最強ヘアアレンジをヘアメイクアップアーティスト・高松由佳さんに教えてもらいました!

髪全体を巻いてから、まずは、三つ編みをつくります。

アレンジしやすくするため、髪全体を巻いておきましょう。そこから、まずは顔周りの髪は残して、耳上あたりから髪をとり、三つ編みをつくります。編み込みができる人は、編みはじめを編み込むとよりかわいい。

編み込みのやり方は、コチラでおさらい。 http://ananweb.jp/soken/topics/beauty-plan/123044/

完成度を上げる、ニュアンス出し

三つ編みした髪を、指でつまみ外側にひっぱってくずします。こうすることで三つ編みにボリュームが出て、ひとつに結んだときの存在感がUP!

三つ編みのくずし方は、コチラでおさらい。 http://ananweb.jp/soken/topics/beauty-plan/124368/

うしろでひとつに結びます。

三つ編みをつくり、くずしてニュアンスを出す工程を両サイド行ったら、後ろでひとつに結びます。

あとは、ピンで留めるだけ!

ひとつに結んだ三つ編みのうち、右側の毛束を、左の三つ編み部分に上から入れ込みます。ロングの人は入れ込んだら三つ編み部分に巻きつけて。

毛先をピンで留めます。三つ編みの内側に入れ込み、シリコンゴムを隠すようにピンで留めましょう。この工程を左側の毛束も同様に行います。左右に毛束を入れ込むことで、編みこんだようなボリュームが出ます。

ピンの留め方は、コチラでおさらい。 http://ananweb.jp/soken/topics/beauty-plan/121559/

さらに、ひとつに結んだゴムの部分もピンで留めると、三つ編みが安定します。

マフラーを巻き、バランス調整して完成!

マフラーを髪の上から巻いて、最初の工程で残しておいた顔周りの髪をぽわんと少し引き出すと、ボブ風ヘアに。いつもと違う雰囲気に彼は胸キュンするはず

これで最強モテアレンジが完成!

左・ヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さん。ヘアメイクアップアーティスト・山本浩未さんに3年間師事した後、独立。anan本誌をはじめとする数々の美容・ファッション誌にて活躍中。

モデルanan総研 No.332 楠原 菜月さん。