動画稲垣

写真拡大


【立川GIII鳳凰賞典レース・2日目(5日)】稲垣裕之(40)が詰め将棋のようにレースを動かし、優秀「初夢賞」で1着を挙げた。平原康多(35)の先行はさすがのもので、番手芦沢大輔(35)のけん制も厄介そのもの。だが、稲垣は全体の流れを手中に入れたような走りで見事に勝ち切った。やはり稲垣の存在感はS級S班と同等だ。