東福岡を破り、喜びを爆発させる東海大仰星フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「全国高校ラグビー・準決勝」(5日、花園ラグビー場)

 準決勝2試合が行われ、東海大仰星(大阪第2)が21-14で東福岡に、大阪桐蔭(大阪第1)が12-7で桐蔭学園(神奈川)にそれぞれ勝利した。

 8日の決勝戦は、第78回大会以来19大会ぶり2度目(全国規模の開催でない第24回大会を除く)の大阪対決に決定。大阪桐蔭のフランカーで主将の上山黎哉(3年)は「大阪勢同士の対決になるけど、最終的にはチーム力が鍵になると思う。仲間のために体を張って、優勝して、全員笑顔で終わりたい」と意気込んだ。

 東海大仰星は昨季準優勝。過去優勝4度、準優勝2度の名門で、元日本代表の大畑大介氏らを輩出している。一方の大阪桐蔭は4強1回が最高で、8強も1回のみ。初の決勝の舞台で“下克上優勝”を目指す。

 前回の大阪決勝は、啓光学園(現常翔啓光学園)が大工大高(現常翔学園)に15-12で勝利している。