ぜんざい、お汁粉、たい焼き、団子……ぜ〜んぶ食べたい!浅草は、あんこおやつの天国です!浅草寺の門前町として栄える浅草には”あんこおやつ”の名店がズラリ。歴史と職人気質に裏打ちされた奥深い甘さを体感すべく、いざ、浅草へ!!

変わるのも、変わらないのもともに「伝統」

 はじまりは飛鳥時代の628年と、東京で最も古い歴史を持つ浅草寺。その門前町である浅草には、江戸時代から参拝客に餅や団子、汁粉などを振る舞う茶店が多く軒を連ねていたという。いまもその数は両手に余るほど。脈々と伝統を受け継ぐ、東京最古の“あんこおやつの天国”と言えるだろう。

甘味処の『浅草梅園』もそうした店のひとつ。

安政元年(1854年)の創業で、もとは浅草寺の末寺、梅園院内の茶店だった。名物の「粟ぜんざい」は、粟(あわ)と名がつくものの、使っているのはもち黍(きび)。戦後、粟の生産が減ったため、比較的手に入りやすい黍に代えたのだそう。名前だけ、昔馴染みの“粟ぜんざい”のまま、というわけだ。

あわぜんざい 777円

蒸されてモチッとした黍の餅に熱々濃厚なこし餡がたっぷり。ふたつの食感が口中で混ざり合った時の、素朴ながら官能的なハーモニーときたら……本来の粟の味はもはや想像するしかないが、黍は黍で、文句なしに絶品である。

時は下って明治36年(1903年)。奥浅草で創業したのは『デンキヤホール』。

もともと電気屋だったことから、この名がついた。こちらの名物が「ゆであずき」。聞きなれない名だが、関東では江戸時代からあるポピュラーな甘味だそう。簡単に言えば、粒のまま甘く煮た小豆を薄くのばしたホットドリンク。

名物ゆであずき 500円

餅の入っていない田舎汁粉とでも言えようか。昔は家庭でも作られ、同店でも創業時からの定番メニューだったが、いつしか作る家庭も店もなくなり、結果的に“ゆであずきといえばデンキヤホール”と言われるほどの名物になった。

 グラスの底に沈んだ小豆をかき混ぜつつ、上澄みをズズッとすすってみれば、上品な甘さの中に、しっかり自己主張してくる塩気。甘味も人生と同じで、ただ甘いだけじゃつまらないのだ。

味の違いはやっぱり餡にあり!

 たい焼きやどら焼きなど、気軽に食べられるあんこおやつも、浅草には目白押しだ。浅草の2大たい焼き専門店のひとつ『浅草浪花家』は、麻布十番の本店で修業した店主が、母親の実家がある浅草に暖簾を掲げたのが始まり。

たい焼きセット 500円

十勝産の小豆を2日に1回店で炊くこだわりの餡は、日本茶インストラクターの妻が選ぶお茶と相性抜群。「たい焼きセット」として店内で楽しめる。

もう1軒の『たい焼 写楽』は、路地裏の小さな名店。

たい焼 160円

うっかり見過ごしがちだが、その餡の味は1度食べたら忘れられない。ほのかに感じられる塩気が甘さに奥行きを与えている。職人気質の店主の腕が冴える逸品だ。

 なお、どちらの店も、1匹ずつ丁寧に焼き上げる“一丁焼き”(天然ものとも言う)がウリ。機械で4〜5匹を一度に焼く“養殖もの”に比べ、皮が薄くパリッと仕上がるのが特徴だ。

 カステラ風の丸い生地にあんこを挟むどら焼きは、明治の末に大流行したという。浅草でも売る店は数多あるが、横綱といえば雷門前の『亀十』だろう。

どら焼き 325円

職人技がものをいう焼きムラは食欲をそそり、食べればフワフワとパンケーキのような軽い食感、そして期待を裏切らないしっかりと甘いあんこ……まさにがぶり寄られるうまさだ。

 あんこをたっぷり乗せた餡団子もお忘れなく。浅草寺本堂近くの『よ兵衛 本店』の餡は、控えめな甘さで、ざっくりとした小豆の皮の食感が楽しい。

団子 各150円

栃木県産コシヒカリを使った、モチッと弾力のある団子が、餡の旨さを引き立てている。

 さて、次はどこへ行こうか。ただし、歩きながらの“ながら食べ”はご法度。マナーを守って、あんこおやつ巡礼の旅を、ゆるりとお楽しみあれ。