アーセナルのMFジャック・ウィルシャー【写真:Getty Images】

写真拡大

アーセナルのウィルシャー、乳製品とグルテンを断ち切る食生活改善で今季怪我なし

 サッカーのイングランド1部アーセナルのMFジャック・ウィルシャーは、華麗なテクニックと創造性あふれるプレースタイルから「イングランド最高の才能」との呼び声も高かった。16歳の若さでトップチームデビューを果たしたが、その後は故障に悩まされ続け、プロキャリアにおける離脱期間は合計1000日を超えた。しかし、今季はここまで故障もなくリーグ戦11試合に出場。“ガラスの天才”はいかにして再生したのか。その裏には食生活の改善があった。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。

 16歳でプロデビューした少年も、元日に26歳となった。故障で全休した2011-12シーズン以降は左足脛の骨折や膝の負傷など、“傷だらけ”のキャリアを送ってきた。しかし、今季はここまで怪我もなく、昨年12月のリーグ第17節のウェストハム戦から6試合連続で先発出場。1月3日に行われた第22節のチェルシーとのロンドンダービー(2-2)では鮮やかなボレー弾を決めている。

「僕は6週間、乳製品を控え、グルテンフリーを続けている。もともと乳製品はたくさん摂らなかったけど、チームのホテルで何回か摂取した時には胃が驚いてしまってね。そこから、完全に断ち切っているんだよ」

 ウィルシャーは2011-12シーズン以降、毎年のように故障で離脱。移籍専門サイト「トランスファーマルクト」によれば、26歳の若さにして、負傷による離脱期間は実に合計1013日に上るという。記事では、ウィルシャーが小麦などの穀物に含まれるタンパク質「グルテン」と乳製品を食卓から遠ざけ、生活改善に取り組んでいることを明かしている。

「ピッチ上ではキレも増しているし、敏捷性も上がっている」

 食生活の改善は、ダイエットにも効果てき面だという。

「調子も良くなった。少し体重も落ちたし、引き締まった。これまでよりも健康なはずだ。ピッチ上ではキレも増しているし、敏捷性も上がっている。これまで以上にスタミナも上がっている。例えば、チェルシー戦の終盤もそうなんだ。僕たちは(同点弾となる)2点目を決めたけれど、『ここからだ』『自分はまだまだ行ける』という感じだったんだ。自分もプレスをかけていたし、感覚も良かった」

 記事で証言している通り、0-1で迎えた後半18分にペナルティーエリア内で強烈なボレー弾を決めたウィルシャーは、最後まで運動量は衰えず。同アディショナルタイムにスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが同点弾を決めてアーセナルが2-2に追いついたが、足は止まらなかったと充実感をにじませた。

「自分の体のことはよく分かっている。正しい食事を摂ること、最高のリカバリーの術を学んだんだ。十分な睡眠時間も確保できている。何年もかけて学んだことなんだ。そして、今キャリア最高の状態だと思うよ」

 食事、睡眠、リカバリーの重要性を再認識したウィルシャー。生まれ変わった“ガラスの天才”は今、本当の輝きを放とうとしている。(THE ANSWER編集部)