全米選手権SPで唯一の100点超えを記録したネイサン・チェン【写真:Getty Images】

写真拡大

全米選手権、自己ベスト上回る高得点で首位発進…米メディア「チェンがSPで圧倒」

 フィギュアスケートの全米選手権は4日(日本時間5日)に男子ショートプログラム(SP)で行われ、ネイサン・チェンが唯一の100点超えとなる104.45点をマークし、首位に立った。大会連覇に邁進する18歳に対し、米メディアも「SPで圧倒」「ほぼ間違いなくオリンピック代表に選ばれるだろう」と称賛している。

 貫禄の演技で、平昌五輪行きの切符獲得に近づいた。

 16番滑走で登場したチェンは、冒頭の4回転-3回転の連続ジャンプに見事成功。最後のトリプルアクセルこそ着氷が乱れたが、スピンやステップで最高評価を得るなど、非公認ながら自己ベスト104.12点を0.33点上回るハイスコアをマーク。優勝経験者のアダム・リッポン、ジェイソン・ブラウンらを抑えてSP首位に立った。

 地元の米メディアもその圧倒的な強さを続々と報じている。

 米テレビ局「NBCスポーツ」は「ネイサン・チェンが全米選手権SPで圧倒」と見出しを打って特集。「秋は無敵であったネイサン・チェンは、全米選手権SPでも同様であった。今季世界で唯一無敗の彼は104.45ポイントを記録し、これは大会のSP史上2番目に高い記録であった」と伝えた。

陰で直面していた苦難「病気や怪我にも見舞われたけど…」

 全米選手権男子SPの最高得点は、2017年にチェンがマークした106.39点。前回大会の自己記録には1.94点及ばなかったが、それでも、昨年9月のUSクラシックからグランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会、第6戦のスケートアメリカ、さらには同12月のGPファイナルでも優勝を果たすなど、今季“無敗”を誇る18歳の勢いは今大会のSPでも止まらなかったとしている。

 記事によれば、陰で直面していた苦難にも自分を信じて立ち向かっていたという。

「この大会までの状況は決して良いものではなかった。病気や怪我にも見舞われたけど、自分はやり遂げられると思っていた」

 こう語ったというチェン。今大会は平昌五輪の代表選考会を兼ねているが、記事では「ほぼ間違いなく、2日後にはオリンピック代表に選ばれることだろう」と五輪切符の獲得に太鼓判を押している。6日(日本時間7日)に行われるフリーは、さらに注目度が高まりそうだ。(THE ANSWER編集部)