おせちで疲れた胃にはこれ! 大戸屋の「春の七草ぞうすい」

写真拡大 (全2枚)

 年末のごちそう、そして正月のおせち料理などを食べ過ぎた人は、ちょっと胃がもたれているころかもしれない。そんなときは、栄養豊富で胃にも優しい七草粥(がゆ)で体をいたわろう。大戸屋(東京)は、古くから無病息災を願ってこの時期に食べられてきた七草粥ならぬ「春の七草ぞうすい」(税込み293円)を期間限定で提供している。七草ぞうすいは、七草と白米を昆布だしで炊いて、だしとしょうゆベースのあんを合わせた一品。鉄分やミネラルのほか、ビタミンなども豊富に含まれている。販売は1月14日(日)まで。定食の場合、プラス108円で白米を七草ぞうすいに変更することもできる。