違和感が多数指摘されている(番組HPより)

写真拡大

 1月3日、『消えた天才〜一流アスリートが勝てなかった人 大追跡〜』(TBS系)が放送され、桐生祥秀や郄橋大輔、福原愛など一線で活躍するスポーツ選手が勝負の世界で苦しめられた天才の今を追った。その中で、松井秀喜が巨人に入団した1992年のドラフトでヤクルトに1位指名された伊藤智仁も特集された。『わずか2ヶ月半で消えた! プロ野球史上最高の天才』というテロップとともに、コーナーが始まった。だが、そこに違和感を覚えた視聴者も少なくなかったという。野球担当記者が話す。

「伊藤智仁は1年目の7月4日の巨人戦を最後にケガで離脱するまで14試合に登板し、5完投、4完封で防御率0.91と驚異的な成績を誇りました。しかし、この番組のVTRの作り方には疑問が残りました。まず、『当時、強力打線を誇ったジャイアンツ相手に三振の山を築き、ルーキーにして1試合16奪三振のセ・リーグ記録を樹立』というナレーションとともに、1993年6月9日の巨人戦の映像が流れました。これは伊藤智仁の凄さを象徴する試合ですが、この年の巨人は貧打に泣かされ、チーム打率は両リーグ最低の2割3分8厘。少なくとも、『強力打線を誇ったジャイアンツ』という表現は誤りです」

 ナレーターが「伊藤の天才たる所以。それが……」と言った後、神宮球場の巨人戦の映像を見せ、「バッターの手元で鋭く曲がる切れ味抜群のスライダー」とつけ加えた場面でも気になる点があったという。

「この映像はスコアや打者の井上真二から推測するに、おそらく1997年5月23日の試合です。つまり、コーナーのタイトルで『わずか2ヶ月半で消えた!』と銘打ち、1993年の文脈でVTRを進めているにも関わらず、4年後の1997年の映像を使っている。YouTubeで伊藤智仁を検索すると、この時の動画が上位に来るので、これを参考にしたのかもしれません。

 TBS内には野球の映像なんて大量にあるはずですし、ヤクルト戦の中継映像を当時のまま使いたいなら、フジテレビにもっと細かく要求すればいい。要するに、資料探しに汗をかいた跡が全く見られません。これを正月のゴールデン帯で放送していいのかと……」(同前)

 VTRでは、さらなる驚きも待っていた。1993年7月4日の映像を使い、『このあとケガから復帰をするため、過酷なリハビリ生活を送ったものの、その輝きが戻ることはなく、現役最後は2軍の試合に登板』とナレーションを被せたのだ。

「伊藤は約2年に及ぶリハビリ生活を乗り切り、1996年終盤に復帰し、1997年には抑えのエースとして7勝19セーブ、防御率1.51で日本一に貢献し、カムバック賞まで受賞しています。翌年以降は先発に転向し、2000年までローテーションの一角を占めた。それにもかかわらず、『わずか2ヶ月半で消えた!』と復活を全くなかったかのように扱うのはいかがなものでしょうか。

 時間の問題もあるとはいえ、細かく伝えなくてもナレーションなどで上手く処理できるはず。もし活字媒体で復活に触れず、『わずか2ヶ月半で消えた!』と書いたら、ファンから非難が止まないと思います。驚いたことに、番組の内容に補足も入れず、そのまま記事にしていたニュースサイトもありましたが……」(同前)

 最終的に当時の監督である野村克也氏が伊藤と対面し、酷使したことを謝罪。コーナーの幕は閉じた。

「野村さんは何も言わないでしょうけど、復活した事実を消してしまったら、野村監督にも迷惑が及ぶでしょう。ファンは番組を観れば、制作者がこだわって作ったのか、手を抜いて作ったのかわかります。野球に詳しくない門外漢のスタッフが担当したのでしょうから、指名したプロデューサーにも責任があると思います。

 テレビ的には『わずか2ヶ月半で消えた! プロ野球史上最高の天才』と煽ったほうが数字を取れると思っているのでしょうけど、そういう事実に基づかない煽りによって、テレビから視聴者が離れているということに気付くべきなのではないでしょうか」(同前)