1月9日から12日まで米国ラスベガスで開催される「CES 2018」において、米国で人工知能等の研究開発を担うトヨタの子会社「Toyota Research Institute, Inc.(以下、TRI)」が次世代の自動運転実験車「Platform 3.0」を出展すると発表しました。

ベース車はLS600hLで、より高度な技術とLSのスタイリングに調和したデザインを兼ね備えたという自動運転実験車。

TRIが掲げるテーマは3つあり、「外部認識能力を向上させ、自動運転車両の中でも業界をリードする性能を有すること」、「センサー類をクルマのデザインと調和させ、スマートで美しい外観とすること」、「自動運転技術に関する装備類をパッケージ化し、複数の実験車を容易に製作できるようにする」としています。

「Platform 3.0」実験車は多数のセンサーを搭載し、現存する各メーカーの自動運転車両の中でも、最も認識能力の高い実験車の一つといえるクルマと胸を張っています。

米Luminar社製の200mの監視が可能なLIDAR(ライダー)システムにより、従来のTRI実験車では前方のみの認識が可能だったものを、この実験車では外周360度の認識が可能だそう。

具体的には、短距離LIDARを車両の下部の全周に配置(フロントフェンダーの両側、また前後バンパーの四隅に装着)され、これらのLIDAR(ライダー)により、小さな子どもや道路上の障害物など、低く小さい対象(物)を検知することができるとのこと。

「美しい外観を目指した」という点については、センサーやカメラ類をコンパクトにまとめ、外からは見えないようにされているそうです。

新たに耐候性・耐温性のあるルーフトップカバーが用意され、サンルーフの収納部分のスペースも使い、高さも最小にとどめられています。さらに、ボルト止めの装置を見えないようにし、これまで自動運転実験車につきものであった、回転型のLIDARもこのカバー内に収納可能な部品に置換。なお、「Platform 3.0」の本格的な製作は2018年春からとされています。

(塚田勝弘)

レクサス・LS600hLをベースとした次世代の自動運転実験車は小さな子どもも検知可能【CES 2018】(http://clicccar.com/2018/01/05/546192/)