ソフトバンクは、固定通信サービスとのセット割引サービス「おうち割 光セット」の内容を1月17日に改定する。これまでは契約から2年目までと3年目以降で割引額が異なっているケースが多かったが、統一される形になる。また割引額も2種類に整理される。

 今回の改定により、例えば「ウルトラギガモンスター データ定額 50GB」「ギガモンスター データ定額 20GB」「データ定額 5GB」に加入したユーザーが、「SoftBank 光」などの固定通信サービスをセットで契約すると、通信料から毎月1000円(税抜、以下同)の割引になる。

 データ通信サービスの「4G/LTEデータし放題フラット」なども同様で、毎月1000円の割引になる。

 また、「データ定額ミニ 1GB」「データ定額ミニ 2GB」の場合は、毎月500円の割引になる。こちらは改定前と比べると割引額は若干の増額になる。

 いずれも割引期間は最大で永年で、セットにする固定通信サービスにより異なる。

 改定前は、2年目まで割引額が大きい対象プランもあったが、多くのプランでこれが無くなり、3年目以降の割引額に統一される形。データ容量が多いプランは毎月1000円の割引、少ないプランは毎月500円の割引と、割引額も2種類に整理された。

 なお、すでに「おうち割 光セット」に加入しているユーザーには、改定前の割引額が適用される。