水曜日のカンパネラ、NHK Eテレ『にほんごであそぼ』書き下ろした「江戸っ子どこどこ」を2018年元日リリース

写真拡大

 水曜日のカンパネラが、NHK『にほんごであそぼ』に書き下ろした新曲「江戸っ子どこどこ」の配信が2018年1月1日からスタートした。

 『にほんごであそぼ』は、日本語の楽しさや美しさ、おもしろさを伝える番組。今回、言葉の魅力を探求する曲を制作するにあたり、コンセプトとして「江戸言葉」が取り上げられている。江戸の町人言葉は、荒っぽいところがありながらも、小気味の良いテンポと裏表のないさっぱりとした表現が、人々に愛されており、この曲には今のこどもたちにもそんな裏表のない、気持ちの良い人間関係を築いてもらいたいという願いが込められているそうだ。

 2017年11月から同番組で披露されると、「てやんでぇ、やんでぇー」と耳に残るフレーズがSNS上で話題となり、配信を望む声も多く寄せられた中で今回リリースが決定。楽曲の中では、番組でもおなじみの、みわサン(美輪明宏さん)、コニちゃん、桂宮治さん、子どもたちも登場しており、つい一緒に口ずさんでしまうリズミカルで軽快な楽曲となっている。なお、この楽曲はiTunes Store、レコチョクのみでの配信となる。