宮里藍【写真:Getty Images】

写真拡大

2017年日本ツアー賞金王の兄・優作が自身初のマスターズ出場で宮里さんも喜び

 元女子ゴルフの宮里藍さんがインスタグラムを更新。兄・優作が米四大大会の1つであるマスターズ出場が決まったことを報告し、招待状の写真を掲載。「どう攻略するのか」「頭がもうめまぐるしい笑」とハッシュタグをつけるなど、全力の応援を誓った。

 宮里さんは5日にインスタグラムを更新。「My brother going to play #Masters !!!」と書き出した投稿では、「正式な招待状が届きました!! いよいよ、優作が #マスターズ に行ける事を実感…!」と兄・優作が4月に行われる四大大会・マスターズの出場が決まったことを喜びいっぱいに伝えている。

 兄・優作は2017年の日本ツアー賞金王で、12月31日に発表された最新の世界ランキングでは50位にランクイン。前日の4日には自身のインスタグラムに「やっと届きました!!!」「本当に行けるんだ!!!」とマスターズ委員会から招待状が届き、大会初出場が正式決定したことを報告していた。

 昨年現役を引退した元世界ランク1位の宮里さんは、マスターズについて「アメリカツアー2年目?くらいの時に1度だけタイガーを見に行ったマスターズに、兄が出れるなんて…!!これからの3ヶ月、しっかり体調とスケジュールを整えて万全で戦って欲しいです。頑張ろうね!!」と言及。元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(米国)を一目見ようと訪れた経験のあるビッグトーナメントに兄が出場することに思いを馳せた。

「挑戦出来るなんて」「ゴルファーとして羨ましい限り」と綴る

 また、投稿のハッシュでは「#どう攻略するのか」「#頭がもうめまぐるしい笑」「#私が出る訳じゃないのに笑」「#挑戦出来るなんて」「#ゴルファーとして羨ましい限り」「#全力で応援します」などと記し、早くも4月の応援に向けて、考えを巡らせている様子。ファンからも祝福の言葉が相次いでいた。

 兄の吉報は宮里さんにとっても、自分のことのように嬉しく、想い出深い出来事となったようだ。(THE ANSWER編集部)