国分太一はインフルエンザでお休み。司会の真矢みきと堀尾正明キャスターが番組を進行した。ゲストは箱根駅伝で4連覇を果たした青山学院大学の原晋監督だ。「(箱根駅伝を中継した)日テレ以外にゲストで呼ばれるとは箱根駅伝も変わったなと思いました」と原監督は苦笑していたが、いや、TBS系のヒットドラマ「陸王」がらみなのだ。

たとえば、原監督は「陸王」に本人役で出演していた。ドラマ内のマラソンのシーンで解説者を演じ、アドリブの実況解説もしていた。また、原監督はランナー役のオーディション、出演者の走法指導を行い、青学式のトレーニングで鍛えた。

堀尾「どんなトレーニングだったんですか」

原監督はすかさず「本を買ってください!」

めざせ!6連覇―原監督「東京オリンピックの年まで勝ち続けたい」

1年生の神林勇太選手もランナー役で出演していた。原監督は大会のたびにハッピー大作戦、サンキュー大作戦、今回の箱根は「ハーモニー作戦」などキャッチフレーズを付けるが、去年10月(2017年)の出雲駅伝は「陸王大作戦」と名付けていたのだ。

原監督はまだまだ連覇記録を伸ばす野望を抱いていて、2020年のオリンピックイヤーには6連覇を達成し、1964年の東京オリンピックの年に6連覇を果たした中央大の記録に並びたいという。

堀尾「6連覇したら映画になりますね」

テリー伊藤「その時は自分で出演すると思いますよ」