インターネットセキュリティの基本やサイバー攻撃発生時の対策などを解説した、インターネット上で無料で入手できるガイドブックをリストアップした。小中高生向けから企業向けのものを紹介するが、マンガ/イラスト形式で解説されているものもあり、初心者でも分かりやすい内容になっている。年末年始の休暇を利用して読んでみるのはいかがだろうか。

小中高生向け

東京都教育委員会「SNS東京ノート」

LINE、小中高生向け情報モラル教材「SNS東京ノート」を都内公立学校の全児童・生徒に配布参照">

2017年3月24日付関連記事LINE、小中高生向け情報モラル教材「SNS東京ノート」を都内公立学校の全児童・生徒に配布参照

 小中高生向けの情報モラル・リテラシー教材「SNS東京ノート」はLINE株式会社と東京都教育委員会が共同開発したもので、東京都教育委員会のホームページより閲覧・ダウンロードできる。インターネットの特性の理解や、人による認識の違い、適切なネットとの関わり方について当事者意識を持って考えを深められるとしている。発達段階に即し、小学生(低学年、中学年、高学年)、中学生、高校生向けの教材5種類を用意。学校だけでなく、家庭内でのルールを考える項目も盛り込んでおり、家庭内や保護者間での話し合いにも活用できるとしている。

NISC「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」

NISC、「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」を全154ページに改訂し、無料で提供参照">

2016年12月16日付関連記事NISC、「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」を全154ページに改訂し、無料で提供参照

 「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」では、身近に潜むサイバーセキュリティに関する脅威とその対策をイラストを交えながら解説。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が制作した。NISCが開設しているウェブサイト「みんなでしっかりサイバーセキュリティ」からPDFファイルをダウンロードできる。初版では第1章のみ(33ページ)だったが、Ver.2.00から第2〜5章とエピローグ、用語集が追加されており、最新版のVer.2.11では全155ページ構成となった。

IPA「サイバーセキュリティのひみつ」

学研まんが「サイバーセキュリティのひみつ」電子書籍版を無償公開参照">

2016年3月28日付関連記事学研まんが「サイバーセキュリティのひみつ」電子書籍版を無償公開参照

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)や内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)などが協力し、株式会社学研プラスが「学研まんがでよくわかるシリーズ」の1冊として発行したもの。謎の館に閉じ込められたクラスメートら3人が謎のおばあさん「サイ婆」に脅威を疑似体験させられるというストーリー仕立て。小学4〜6年生を主な対象としているが、大人の入門用としても使えるとしている。

企業向け

東京都「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」

サイバー攻撃対策の極意をマンガで解説、東京都が中小企業向けに無償提供参照">

2017年11月13日関連記事サイバー攻撃対策の極意をマンガで解説、東京都が中小企業向けに無償提供参照

 東京都が配布している「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」では、サイバー攻撃発生時の対策をまとめている。マンガ/イラスト形式で、中小企業がサイバー攻撃について行うべき対策や、事故が発生した場合の初期対応などを、主人公の「サイバー探偵 冴羽守(さいばまもる)」が伝える内容になっている。具体的な被害実例を紹介し、専門用語を避けるなど初心者でも分かりやすい工夫が施されている。東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク(Tcyss)が同冊子の作成に協力している。