アルゴリズム思考術に学ぶ

写真拡大

思考術の本はさまざまなものが出ていますが、すぐにでも応用できるものが少ないのが実際のところです。それは精神論に比重を置いて書かれていたり、あるいは高度な内容であるとかそういったものです。

ちょうど良い思考術とは

そうした中で、ちょうど良いベストなバランスの思考術はないものか。そうした思いを抱えている人にぴったりなものが『アルゴリズム思考術:問題解決の最強ツール(早川書房)です。ブライアン・クリスチャンとトム・グリフィスによる著作です。本書にはどのようにわかりやすい内容が用意されているのでしょうか。

実例に基づいて解説されている

本書の特徴はさまざまな具体的な実例に基づいて解説が書かれている点にあるでしょう。例えばそこで取り上げられている内容は、ベンチャービジネスを売却するタイミングはいつか。車をどの駐車スペースに停めるべきか。何人目の交際相手で手を打って結婚すべきかといったものです。それぞれに解決方法は様々あると思いがちですが、これは最終的にものごとを極めてゆくと、特定のアルゴリズムがあることがわかります。これはビジネスだけでなくプライベートに応用できる良書だといえるでしょう。軽いエッセイのようでありながら、実践的な内容が書かれているのでお得な本だといえます。